授乳・妊活とケロイド治療

person30代/女性 -

lock有料会員限定

胸部に5mm×1.5cmほど、恥骨上に8mm×1cmほどのケロイドがあります。数年前に形成外科を受診し、ドレニゾンテープを処方していただきましたが、あまり効果が感じられませんでした。ケナコルト注射を数回したところで妊娠が判明し、出産後にまた治療を始めた方が良いとのことで、しばらく通院はしておりません。

出産は帝王切開になりました。ケロイド体質だとは自覚していたので、かなり気をつけてテープでケアしていたつもりなのですが、見事にケロイドになってしまいました。現在、産後10ヶ月です。もともとの部分も少し痛痒さはありますが、お腹のケロイドの痒さは段違いで…一刻も早く治療を始めたいと思っています。以下について教えてください。

1 授乳中でもケナコルト注射を打っていただくことはできますか?(ほぼ完ミですが、昼寝の寝かしつけで毎日おっぱいをくわえさせています)治療箇所が多いと、薬液の量も多くなってしまいますよね…

2 産後1年経ったら、すぐにでも第二子をと思っていますが、妊活中にステロイドを使った治療をするのは、リスクが高いでしょうか。

3 ステロイドの含有量が高い、エクラープラスターというテープについてのネット記事を見ました。通っている形成外科に問い合わせましたが、扱っていないとのことでした。ネットでも購入できるようですが、素人判断で使用するのは危険ですか?

person_outlineアスクさん

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師