34週2日、子宮頸管長13.5mm

person30代/女性 -

lock有料会員限定

初産38歳、34週2日で子宮頸管長13.5mmです。

31週4日の時に子宮頸管長12~20mmとのことで切迫早産と診断され入院しました。
張りどめは処方されず、毎日ノンストレステストを受けましたが、大きな張りや出血、規則的な痛みなどは一度もありませんでした。
そして、とくに大きな子宮収縮や子宮頸管長の急激な短縮は認められないとのことで、32週5日で退院となりました。
そして今日は外来で34週2日で13.5mmと言われました。

「まあ相変わらず短いけど、34週までもったし、いいっしょ! 自宅で無理せず過ごしてくださいね〜」くらいの指導なのですが、不安です……
今日にも明日にも生まれるかとそわそわしたり、
BMIが28.5なので、子宮収縮していても皮下脂肪でモニタリングの機械に伝わっていなかったのでは?! と考えたりしてしまいます。

ちなみに、生理痛のようなにぶい弱めの痛みが、妊娠初期のころから毎日、日に何回か訪れます。
だいたい20分くらいで治まり、規則的に波のようにくるものではなく、ノンストレステストの張りセンサーともあんまり関係ありませんでした。
が、毎日痛みのたびに心配になります。

1. このような状況で、無事に正産期まで赤ちゃんがおなかの中にいてくれるケースは、先生方のご経験上何割くらいでしたか?
2. 皮下脂肪のせいでノンストレステストの結果が狂うというようなことはありますか?
3. この生理痛のような痛みは何なのでしょうか。かかりつけ医からは「子宮の成長痛かなあ……」と言われていますが、心配ないものなのでしょうか……

お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

person_outlineたんたんさん

1人が参考になったと投票

他1名が回答

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師