妊娠初期のインフルエンザワクチン接種

person40代/女性 -

妊娠初期のインフルエンザワクチン接種について。はじめての妊娠で、知識も乏しくお恥ずかしいですが質問させてください。現在、妊娠2ヶ月(4w5d)です。インフルエンザワクチン摂取を本日済ませてきました。 時期的なものと、地域ではインフルエンザワクチン接種が次々と終了しているため、少々焦って受けてきました。(妊娠3ヶ月からの脳の神経細胞が形成され始める の前に受けたいと思った)

しかし、帰宅してSNS等で妊婦用の水銀が入っていないワクチンがある事を知りました!接種した内科では、何も案内もなく、知っていたら違う選択をしたと後悔しております。また、こんな初期にワクチンを打って良かったのかと、一人で過ごす中、次第に後悔をしてしまいます。済んだ事なので、仕方がありませんが、知識がある方のご意見を伺いたいです。

person_outlineはなこ。さん

水銀の成分が入ったものでの赤ちゃんへの影響は考えにくいでしょう
特に対処は不要と思います
お大事にしてください。

はなこ。さん

お忙しい中、ご回答ありがとうございます!対処不要との事、安心致しました。このまま気をつけて過ごして行こうと思います。

水銀の入ったインフルエンザワクチンであっても、含まれる水銀量はごく微量です。
胎児への悪影響はないと思います。

はなこ。さん

不慣れな為、操作間違いでしたら申し訳ありません。追加質問ですが、ネット上で調べていたところ、通常では13週以降の妊婦への接種が推奨されていました。自分は、2か月・4周半でワクチンを打ってしまったのは、間違いでしたでしょうか…。
不妊治療の担当の先生は、コロナワクチン時のときも、関係なく早く受けましょうというスタンスでしたので、つい安易に考えてインフルエンザワクチンも受けてしまいました。
これは、大丈夫でしょうか?

moriwaki 先生

ご連絡ありがとうございます。
下記の様に報告されており、妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種しても、心配は不要です
一般的に妊娠中のすべての時期において安全であり、妊婦がインフルエンザに感染すると重症化することがあるため、ワクチン接種が勧められています。日本で使用されるインフルエンザワクチンは、病原性をなくした不活化ワクチンで、 胎児に悪影響を及ぼしたという報告はなく、妊婦は接種不適当者には含まれません。また妊婦がワクチンを接種することで母体の免疫が胎盤を介して胎児に移行し感染防御を与えることが期待されています。

はなこ。さん

何度も質問してしまい、お手数をお掛け致しました。ご丁寧に説明、ご回答頂き本当にありがとうございます。気になってしまい、ソワソワしておりましたが、先生のお言葉で安心致しました。

水銀がはいっているワクチンでも、妊娠や胎児への影響はないとされています。心配ないでしょう。

はなこ。さん

週末のお忙しい中、早々にご回答頂きありがとうございます!なんとも、有難いご回答で気分も落ち着きました。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師