肺腺癌、内服と放射線治療について

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

81歳父の件で相談します。
肺腺癌、EGFR陽性。放射線と内服治療が選択肢としてあります。手術は心臓疾患の合併症よりリスクありで年齢的にお勧めしないとの事。放射線治療に関しては現在3箇所みられるペット検査の集積のうち、一箇所は癌確定。近くにある集積は動脈瘤の可能性あり、離れた奥の気管支にある集積は気管支炎の可能性もあるのではっきりしない以上、今は内服が良いだろうとの事。
質問です。
1 気管支鏡の生検からある程度悪性度(予測される進行の速さ等)は分かりますか?高分化や低分化とかは生検で分かっているのでしょうか?特に話はされてないです。
2 内服して、他2ヶ所が癌でないと判断出来た時、放射線はするべきでしょうか?
3 EGFRの薬を飲んでいて、放射線への切り替えは可能でしょうか?切り替えはどの様にするのでしょうか?薬中止してどの位空けるとかありすか?アリムタ 等EGFR以外なら放射線と併用できますか?

person_outlineまーさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師