ヘマトクリット値の高止まりの弊害について

person60代/男性 -

lock有料会員限定

61歳の透析患者です。

今月の血液検査でHgb13.1/Hct39.3でした。
そして、透析後のHctは44にもなります。

これは、透析患者にとって高値だと思いますが、
何か血液濃縮による弊害はないのでしょうか。

先日の脳ドックでは、ラクナ梗塞が1つあるとの
ことでしたが、10年振りの脳ドックでしたので
いつ頃発現したのか不明です。

もちろん、ネスプ、エポジンといった造血剤は
未使用で、透析終了時のチャンバーのコアグラ
もほとんどありません。

また、今月のCTRは40%で、6月の心不全発症時
の58%から大きく低下していますので、水分の
絞りすぎということではないのかと思案中です。

この血液濃縮による予期せぬ弊害についてご指南
いただけましたら幸いです。

person_outlineオニオンタロウさん
3名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師