肩棘上筋(8x1.2mm)断裂しています。

person50代/男性 -

lock有料会員限定

約8年前にベンチプレスで左肩を痛めました。すぐに整形外科に行ったところ、手技により腱板断裂と診断されました。手術は大変なので注射で様子をみるようにとの事でしたが、注射で痛みが増したように感じましたので通院ぜずしばらく湿布のみで過ごし、普通に肉体労働、筋トレは出来るようになりました。
今年7月、筋トレによりまた左肩を痛め、痛みはあったものの、腕が上がらないということはなく、しばらく湿布をし、ほぼ痛みは改善し、トレーニングも痛みなく出来るようになりました。が、最近よく腱板断裂の動画を見る機会があり、念のためスポーツ整形にかかったところ、エコー、MRIにて棘上筋断裂、おそらく棘下筋も断裂 との診断でした。
手術を強く勧めれましたが、リハビリを希望し、受けましたが稼働域はかなり良いらしく痛みもないので、しばらく様子見となり、1回でリハビリ終了しました。
整形外科の先生、リハビリの先生は痛みがなければ、トレーニングはやって良いと言われました。

ただ、最近気温が下がり、特に朝、肩に痛みがあります。また左肩を下に寝ると痛みで目が覚めることがありますが、動きは問題なく、日中は痛みなく過ごせます。

このまま放置して良いのか、完全に痛みがなくなるまで、負荷をかけない方が良いのか悩んでいます。
また、肩専門の先生のいう通り手術が必要なのでしょうか?

余談ですが、ベンチプレス世界王者の児玉大紀選手は、両肩ほぼ完全断裂しているにもかかわらず、再腱手術、治療はせず現役チャンピオンでいらっしゃいます。
このような事もあるのですか?
担当の医師も、不思議がっており、
現代の医学、解剖学でわからない
人間の神秘がある
と仰っております。

person_outlineくまたろうさん

1人が参考になったと投票

他4名が回答

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師