3歳の子供 慢性蕁麻疹 抗ヒスタミン剤の安全性と増量について

person乳幼児/男性 -

lock有料会員限定

子供は来月で3歳になり、現在の体重は14キロあります。
3ヶ月以上蕁麻疹が続き、最初はザイザルシロップを一回2.5mlの一日2回でとても効いてましたが、段々効かなくなり、アレロック、ニポラジンに替えても効かず、皮膚科でザジテン(一日0.8g)を処方され、3日で効かなくなり、勝手に増量しました、夜0.8、朝0.4、一日合計1.2を飲ませています。増量してからはかなり改善されています。

眠気の影響はほとんどありませんが、ザジテンは第2世代の中でも脳に移行しやすいとネットにたくさん書かれていて、心配です。子供はまだ熱痙攣をおこしたことありませんが、心なしか、最近寝ている時のビクつきは前より激しくなっているように感じます。

慢性蕁麻疹は完全に出なくなる状態にまず持っていかないといけないそうで、薬効かない場合はまず2倍まで増量するそうですが、現在の増量は改善されているものの、完全にまったく出ない日はありません。
ザジテンはまだ増量の余地はありますか?増量して長期服用しても安全でしょうか?
それとも一番最初効いていたザイザルシロップを増量したほうがいいでしょうか?

宜しくお願いします!

person_outline生ハムさん

1人が参考になったと投票

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

4名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師