肝右葉拡大切除後の倦怠感の出現について。

person40代/男性 -

lock有料会員限定

去年の8月に巨大肝血管腫(2.8kg)の摘出の為、右葉拡大切除を行いました。(術後の残肝体積3.5割ほど)それから約5ヶ月経ち、11月には仕事復帰して普通の生活を送っておりましたものの(体力仕事ではなく基本デスクワーク) 朝起きてからの1日中続く倦怠感に悩まされています。
それで先週に血液検査を行ったのですが、
総蛋白6.9、アルブミン4.1、総ビリルビン1.2、ALT27、AST24、r-GT53、ALP71、crp定量0.21、白血球6500、赤血球498、血小板19.5、好酸球8.3、ナトリウム138、クレアチニン0.76、BUN12.0、という値で、甲状腺、アンモニアの検査も異常無し。術前の数値にだいたい戻っておりました。

そこで疑問なのですが、肝臓数値、その他数値が正常値に戻っていても、倦怠感が出てくるのはなぜなのでしょうか?
数値が戻れば倦怠感もなくなるだろうと思っていたのですが、、
拡大切除をした肝臓はかなり小さくなりました。その為、血液検査で判明する数値には関係なく、元通りの力を発揮することは難しくなるものなのでしょうか?
数値の改善=体力の回復では無く、手術によって小さくなり、余力の無い肝臓となってしまったのでしょうか?

person_outlineremさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師