癌にかかるリスクについて

person30代/女性 -

lock有料会員限定

お世話になっております。

タバコを吸っていたら何倍、多量飲酒すると何倍、糖尿病の人は何倍…

と、さまざまなデータを見ては自分に当てはめて戦々恐々としています。

とくに膵臓がんに関しては、いろいろと当てはまりすぎて、ネットで調べて落ち込む毎日です。

タバコやお酒、アルコール代謝の低さ、血液型、花粉症の有無、家族歴などなど…

いろいろ調べて確率をチェックしていくと、私はかなりの確率で将来膵臓がんになってしまうようです。(禁煙済みですが女性は禁煙してもリスクが下がらないとの論文も見ました、幼い頃の受動喫煙も原因だとか)

どんなに不健康な生活を送っていても、高いリスクがあってもガンにならない人はいますよね。
なぜでしょうか。

がんに対する研究の「リスクが○倍になる」というのは、参考程度に捉えておくべきなのでしょうか?

ガンになるならないは、運もあるのですか?

現在目立った体調不良もないのに、これ以上がんのリスクに怯えたくないです…。

よろしくお願いします。

person_outlineななさん

5人が参考になったと投票

4名の医師が回答しています

15人が参考になったと投票

5人が参考になったと投票

2人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師