座骨神経痛 昔の圧迫骨折と関係あるだろうか

person70代以上/男性 -

lock有料会員限定

4月中旬に左股関節に痛みが出たので整形外科受診し、神経痛(診断書には慢性疼痛疾患)との診立て。ロキソプロフェンとケトプロフェンテープの処方を受け、1週間後にプレガバリンに変更。やや緩和したものの痛みは残っていた。そういう状態で腰痛ストレッチングをしていたが、あるとき左股関節に激痛が走って、歩けなくなった。3日歩には杖を浸かって歩けるようになったが、左の臀部・股関節部・脇腹にかけて痛み。今は整形外科の痛み止めの処方とリハビリ(マッサージチェアのようなもので腰部牽引)を受けている。痛み止めのプレガバリンは効いているようには思えないので、今はロキソプロフェンと併用している。
 整形外科の処置に加えて、自己判断で低周波治療器、高周波治療器、ごく軽い腰痛ストレッチングなどをしていて、痛みの場所と程度が徐々に変化し、現在は臀部と脇腹の痛みは緩和している。しかし股関節部の痛みは残っていて、杖を使っての歩行が困難なことには変りがない・・というか、ますます歩きにくくなっている。

実は14年前に 第三腰椎圧迫骨折で2週間入院したことがあり、完治したが、この部分の背骨が出っ張っているのが手で触ってわかる。今の整形外科医にもそのことを伝え、医師もレントゲン写真で確認したが、今の神経痛と関係づけるようなコメントはなかった。

この治療を継続していてよいでしょうか?

person_outlineQLife会員さん
7名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師