前立腺癌の治療方針選択について

person50代/男性 -

lock有料会員限定

2022年4月、人間ドックでPSA値異常(確か16くらい)が発覚。5月、生検の結果、前立腺癌と確定。尚、前立腺肥大はありません。
生検は12本のほぼ全てで癌細胞が検出され、グリーソンスコア5+4。CT、骨シンチの結果、転移はないと診断されました。6月よりビカルタミドの服用を開始。20日後、PSAは10に低下している状況です。
医師からは全摘手術を推奨されています(病院の方針とのことで、カンファレンスにかければ、おそらく睾丸まで摘出することになるだろう、とのこと)。
この状況で、治療方針についてご意見賜りたくお願い致します。

こちらでの皆様への回答、および自力検索した情報から、手術と放射線治療を比較したとき、再発率や生存率に優位な差はないものと認識しています。また、一般的な放射線と重粒子線の比較では、治療期間は重粒子線の方が短くて済むものの、効果には差がないものと認識しています。

手術の負担と後遺症(尿漏れなど)を鑑みて放射線治療を選択しようと考えていますが、何かアドバイスがあればお願い致します。
GSはかなりの悪性であることを示していますが、PSAはそれほど高くなく、転移もない状態であり、リスクをどう評価すれば良いのかがわかっていません。

尚、放射線治療のデメリットは、再発時の対策が限定される(手術の選択肢が失われる)ことは理解しております。

宜しくお願い致します。

person_outlinekuroさん
3名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師