伝染性単核球症の扁桃炎について

person20代/男性 -

lock有料会員限定

6/7に首のしこり、発熱(37.6℃)でかかりつけの内科を受診した所、抗生物質を処方されました。
しかしながら症状が一向に改善しないため6/13に再度内科を受診した所、血液検査を行い軽度の伝染性単核球症であろうと診断されました。

その後すぐに発熱は収まりましたが、6/17日より喉の違和感を覚えはじめ、6/20の血液検査では数値が余り下がっていませんでした。
そのため紹介状を書いてもらい、その日のうちに市立病院の方にかかることになりました。やはり伝染性単核球症との事で、腹部の超音波検査などを行ったものの脾腫などは見られず、また扁桃炎の方も痛みを伴っていなかったため、特に点滴などはせずに帰宅となりました。

しかしながらその後扁桃腺の痛みが酷くなりはじめ、腫れ自体は大きくなっていないものの口内は膿んでいる状態です。

お尋ねしたいのは、以降さらに扁桃炎が酷くなるのかという事と、腫れはどの程度続くものなのかという事です。一応かかりつけ医にて処方されたカロナールは御座います。
またどの程度まで酷くなったら次の予約を待たずに診察にお伺いすべきでしょうか?

person_outlinesiegさん
6名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師