Q

モルヒネについて

疼痛治療としてモルヒネは一般的ですが、モルヒネを使いだしてから病状が急激に悪化した、使い始めてからすぐに亡くなった、という話をよく聞きます。それほど、危険なものなのですか?
また、モルヒネで痛みが取れない場合は、他に使える薬はあるのですか?

質問者:a106 さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

日本においては、癌性疼痛に対してのモルヒネの使用開始にためらいをもつ医師や患者様、患者様のご家族という環境があります。「モルヒネは命を縮める」という迷信みたいな考え方を一部の方がお持ちです。

今回のご質問も、このこととは無縁ではないと思われます。使用開始の時期があまりにも死期に近かったことが原因とおもわれます。もっと早い時期に使っていたら違う結果が予想されます。

痛みに耐えて生きるとその痛みに耐えるために生命エネルギーを消費され、身体が消耗します。上手な除痛は、残された生きている期間をより快適にすごすためには重要なことです。むしろ、苦痛で無駄なエネルギーを消費しないため寿命はのばせると信じております。

モルヒネで麻薬中毒を連想する誤った考え方です。ただ、少ない頻度ですが体質的に合わない方がおられその場合には、別の方法を除痛に採用します。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

モルヒネの使い方として,簡便な経口薬,座薬などがあり,経口摂取や座剤での投与が困難な場合や疼痛のコントロール不良な場合に持続点滴(皮下注入など)を行います.使い始めてからすぐなくなった方の多くは,終末期の直前にモルヒネを使い始めるケースが多いからではないでしょうか.呼吸抑制などに注意することは大切ですが,それほど危険ではないと思います.また,モルヒネの効きにくい痛みに対してむしろ非麻薬系の鎮痛剤(消炎鎮痛剤)や抗うつ薬がよく効くことがあります.難治性の痛みにはモルヒネに他の薬を併用することになりますが,ほとんどの痛みは対処可能です.

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

モルヒネの副作用としては、吐き気、便秘などがあります。依存性、呼吸の抑制、せん妄はそれほど多くありません。基礎の病気にもよりますが、モルヒネで病状が悪化というとらえ方は少し本題からはずれるでしょう。モルヒネはやはり、終末期に使用することが多いと考えられ、治療よりも鎮痛を目標としているからです。使いはじめてすぐに亡くなる場合には本人の苦痛がとれて楽になり、がんばっていた交感神経が休んだためと考えられるケースも多くあります。モルヒネのために・・・と考えることのないよう、モルヒネの使用前には主治医との十分な話し合いが必要です。

siba 麻酔科 先生

麻薬というのは本来,鎮痛剤です.麻薬に関しては医療関係者も多くのひとが間違った知識をもっている方が多く,緩和医療でも充分な鎮痛が日本ではなされていないのが現状です.漸く,そうした誤った認識も緩和医療が重要視されるようになってなくなりつつあると思います.一番の誤解に精神的な依存性ですが,麻薬は痛みがあるときに使用する場合は精神的な依存性,つまり麻薬が欲しくて欲しくて,人を殺してでも手に入れようという状況は起こしません.癌性疼痛で問題になるのは,便秘と嘔吐です.これらは麻薬を癌性疼痛の治療開始した当初から,対処することが重要になります.また,今では癌末期に漸く麻薬を使用するという考えではなく,早い段階で痛みを取り除く手段として麻薬を併用しながら,癌治療をしていくこともあります.ですので,癌になったときに麻薬を使用することを心配なされる必要はありません.主治医と話し合いながら,上図に鎮痛をしてもらってください.

a106さん

生じるのでしょうか。妄想や錯乱など。

大阪 認定内科医 先生
消化器科

大阪 認定内科医 先生

モルヒネを適切に使えば病状が急に悪化したりすることはありません。逆に痛みが軽減されることで患者の活動性が上がることも多いのです。モルヒネは使用に上限がないので効かない場合は増量します。また、痛みの性質によっては抗不安薬、抗痙攣薬などを併用することもあります。

a106さん

副作用などは増すのでしょうか。また、それに伴い死期が早まることもあるのでしょうか。

大阪 認定内科医 先生

当然増量することで副作用も出やすくなりますが一番大事なのは患者の苦痛を取ることだと思います。ですので使用する量が増えるようなら副作用に注意して本人家族にもその旨を伝えておくことが必要でしょう。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。