子宮体癌 外科的閉経のリスクへの対処方法

person40代/女性 -

lock有料会員限定

43歳子宮体癌ステージ3です。
今年卵巣摘出により外科的閉経しました。
外科的閉経により、更年期症状のほか、同年代と比べて皮膚や見た目の老化、骨萎縮、骨粗鬆症、動脈硬化、認知症、生活習慣病などのリスクが増大するようですが、ホルモン補充療法以外の対処方法はありますでしょうか。
(ホルモン補充療法は、医師より子宮体癌は原則処方できない、定期的に骨密度検査や血液検査をするしかないと言われています。)
たしかに骨粗鬆症、動脈硬化や生活習慣病は個別対応しかなさそうですが、皮膚や見た目の老化、骨萎縮、認知症などはどうしたらよいのでしょうか。症状がでてからとか悪くなってから対処するのではなく、女性として、できれば同年代の方と同じレベルを保ちたいのですが難しいのでしょうか。

person_outline甘酒さん
2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師