「4月に左胸のしこりを見つけた」の追加相談

person30代/女性 -

lock有料会員限定

前回の質問時の検査から約1年後の今年の春、別の病院でエコー検査とマンモグラフィをして頂いたところ、最初のエコーとは程遠い程短時間でササッとして診て頂けず、結果は何もないとの事でした。
昨年の検査時にしこり部分には何もなく、左右に嚢胞はあるが心配ないとの診断だった為、その旨を伝えた上で「嚢胞はどうなりましたか?」と聞くと「消えています」と言われました。

そして、それから約半年後の昨日、健康診断での乳がん検診を受け、エコーでは上記の内容を伝えた上で診て頂いたところ…
しこりに部分については何も言われず。
左右にあった嚢胞は、左はまだ嚢胞がありましたが、右は「乳腺繊維腺腫の疑い」と言われました。(素人目にもわかるきれいな楕円でした)
おおよそ「心配ないです」と言うような事を言われましたが、半年前の検査では何も異常ない、消えていると言われたのに新たに別な物ができていると言われ気が動転し、正直何を言われたかハッキリ記憶しておりません…
ひとまず、おそらく大きな心配はないと言う事と、要精密検査とは言われなかった事は覚えております。

質問は以下になります。
1.乳腺腺腫の疑いと言われましたが、このまま放置して大丈夫なのでしょうか?
2.「疑い」の場合、精密検査は必要ないのでしょうか?
3.今後はどれくらいの頻度で検査を受けるべきですか?
4.しこり部分については何も言われなかったのですが、問題ないと思って良いですか?
5.嚢胞から繊維腺腫になることはあるのですか?

先日父が肝臓癌宣告を受けたばかりなので、自分も敏感になり些細な事でも不安になりがちで…
お手数おかけ致しますが、ご回答お待ちしております。

person_outlineエリさん

4月に左胸のしこりを見つけた

person 30代/女性 -

今年の4月に左胸のしこりに気づき、
乳腺外科を受診しエコーとマンモグラフィを
撮って頂きました。
結果としては、エコーには特別何も写らず問題なし。
マンモグラフィでは白い影が見えるところもあったが
乳腺が重なってそう見える事もあるので
これも問題ないでしょう、
念の為1年後にも検査しても良いかもですね。
との事でしたが、白い影が見える部位がしこりのあるところと
同じ場所なのかまでは確認できませんでした…。
2年前にも違う病院でエコーとマンモグラフィをし
同じように白い影が見えるが乳腺が重なって
見えてるだけでしょう。
との事でした。
違う病院なので、2年前の白い影と
今回の白い影が同じ部位かは不明です…。
白い影ができているところがどこか確認すれば良かったのですが…
実はこのしこりのところが白い影なのでは?
本当に問題ないのだろうか…
と不安になってしまいました。。

質問は
1.検査結果をそのまま信じて大丈夫でしょうか
2.再度受診する必要はありますか?
3.今すぐの受診が必要ない場合、今後どのような症状に気をつければ良いでしょうか。

自分でも気にしすぎかな、
病気不安症気味なのかな…と思うのですが
考え出すと不安になり止まらなくなってしまい…
お忙しい中お手数おかけ致しますが、
ご意見頂ければ幸いでございます。
持病としては子宮内膜症、卵巣チョコレート嚢胞で4年前に手術し毎朝晩にジエノゲスト服用しております。

よろしくお願い致します。

person_outlineエリさん

元の相談の回答をみる

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師