1日○食

lock有料会員限定

血糖値の急な上昇を抑える観点から、1日の総摂取カロリーが同じであれば、2食よりも3食、3食よりも4食、4食よりも5食、、、、が良いとの話を聞きましたが、事実でしょうか?
確かに、考えてみると、腹持ちが良い(すなわち低いGI値の)食品は、ゆっくりと消化、吸収されるため血糖上昇のピークが高くならないから良いのだとすると、食事の分割でも同じ効果が期待できるような気もします。
他方で、膵臓の負担という点では、ピークは低くても、だらだらとインスリンが分泌されるのであれば、違う意味で、膵臓が十分休めず、疲弊しないか、気になりもします。

不便であるとか、本当に実行できるのかはさておき、どのような総カロリーが同じであるとして(食事回数が多いと、そうはいってもついつい食べ過ぎるといった話は抜きにして)、どのような食事法がベストなのでしょうか?

person_outlineラッキーらっきーさん
1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師