Q

肝細胞癌治療における経皮的肝灌流化学療法(PIHP)について

先生の皆様

61歳の父が肝細胞癌と診断され、余命1ヶ月以内と宣告されています。
B型肝炎があったためか、半年も経っていない間に癌が12センチまで
大きくなっており、左の門脈、胆管が圧迫され流れていないようです。
また黄疸が出ており、ピリルビンの値も10前後あります。

主治医の先生から、5-FUとインターフェロン併用療法による治療をお勧め
いただきました。一か八かだが、この方法しか残っていないと。。。

施術していただける病院が限られているようですが、父の場合、PIHPを
検討してみる価値(可能性)はあるのでしょうか?

助けてください。宜しくお願いします。

質問者:ゴンタトラ さん

1人の医師からの
回答があります

massive TAE 先生

massive TAE 先生による、ゴンタトラさんの肝細胞癌治療における経皮的肝灌流化学療法(PIHP)についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。