Q

父が直腸がんで手術

父は81才で糖尿病と肺気腫を持病に持っています。糖尿病はインシュリンの注射を毎日打っていました。肺気腫のほうはぜんそくに使うようなシュッと吸い込むような薬を使用していました。一年ほど前大腸がんが見つかったので放射線治療と抗がん剤でがんを小さくして手術するという事になりました。その時点の検査では他に転移は見つかってないです。父は170センチで81キロあります。治療も順調に進んで体の検査も問題無いという事で手術を行いました。手術の内容は体に負担の少ない局部麻酔でがんのある直腸を切って人口肛門を取付るという事。その後三ヶ月後、もう一度人口肛門を外して自分の腸と肛門をつなげる予定でした。手術時間は5〜6時間の予定と聞いていましたが手術開始時間から3時間たった頃、「内蔵脂肪が思ったより多く局部に到達できないので全身麻酔に切り替えると」話がありました。その後、手術時間は10時間を越えて「がんが思ったより直腸の近くにあった事と骨盤も小さく脂肪もすごかったので肛門を残すとがんを取りきれない為、肛門は取りました」と話を聞きました。手術後に父は状態が悪くなってきてかなり危険になっています。この歳でこの手術は妥当ですか?教えて下さい。
(50代/女性)

質問者:ミートン さん

1人の医師からの
回答があります

カプチーノ 先生

カプチーノ 先生による、ミートンさんの父が直腸がんで手術への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。