Q

下腹部が飛び出る感覚・脅迫観念?

3年半以上「腹が飛び出る感覚 」に悩んでおり、横になると(就寝でも)そのような感覚が全く無くなります。
感覚がある時は常に左手で押さえているだけで「安心」になりますので、仕事・運転等必要時は押さえて暮らしています。
宮崎の内科医さんから「脅迫観念」が無いか?というアドバイスを頂きました。
心療内科の先生は「物理的に飛び出ることは無い」の意見ばかりですが、「森田神経質」に似たような感覚があるように勉強しました。
尚、内科に受診して異常なし、になっています。
変化があるとすれば、起きて入る時にそのような感覚がある時は上半身が冷たく、飛び出る感覚の下腹部は熱いと認識されますが、横になると温度変化は感じません。
宜しくお願い致します。

質問者:naga さん

赤ひげ 先生
一般内科

赤ひげ 先生

二つの考え方があると思います。まずひとつは、本当におなかの一部が飛び出ている場合;これはヘルニアです。横になっているときにはそのような感覚が全くなくなるというのは、横になると腹圧がかかりにくくなりヘルニアが出にくくなるからです。ヘルニアの可能性がないかのチェックは大事と思います。
もうひとつは、精神的なストレスで起こる可能性:医学部の学生のときに心療内科の実習でびっくりするような患者さんを経験しました。精神的なストレスでお腹が妊婦さんのように膨れてくるのです。教授がストレスを感じるときの気持ちを暗示で再現させると患者さんのお腹が我々の見ている前でみるみる膨れてきたのです。その後、教授の暗示でストレスから脱却するとお腹が我々の見ている前でみるみる凹みました。その時精神の持つ力のすごさを感じました。nagaさんの場合ももしかしたらこのケースと似た感じなのかもしれません。ただし、医者になって以降このような患者さんを私自身は経験はありません(ただし私は心療内科専攻ではありません)。精神的なものでも起こりうる可能性は否定できませんが、まず、腹部のヘルニアがないか病院で確かめてみてください。なお、ヘルニアとは腹壁の弱い箇所から腹圧がかかった時などに腸が飛びでて、俗には「脱腸」などと言われているものです。

nagaさん

貴重なご意見ありがとうございました。
現在色々な不定愁訴で悩んでおり、6月に一ヶ月間検査をしてもらいました。
「お腹」の件も伝えレントゲンを正面と横から撮りました。
特に異常は無かったようです。
様々な不定愁訴が5年弱前から生じましたが、5年前に社内の変革がありましたので、その辺が原因かと思っております。
ありがとうございました。

nagaさん

私は身長168cm、体重55kgです。
多少痩せの分類ですが、2003年の8月からパキシルを服用するようになってから、食べ物が数十年ぶりに美味く感じてあっという間に58kgに増加しました。(それまでは52kg)
事情によりパキシルを止めて半年になりますが徐々に元に戻りつつあります。
お腹は58kgになった頃2段腹になりましたが立ってもお腹が飛び出るような物理的な変化はありません。
多少痩せですので「スラッ」としてる、という感覚です。
お腹も出ていません。
椅子に座っている時と運転をする時に多少物理的に出ますが、この辺は他人と変化がありませんし、以前はそんな感覚など一切ありませんでした。
恐らく神経的な問題と思っております。
ありがとうございました。

赤ひげ 先生

ご返事有難うございました。
パキシルを服用されていたということは、うつ状態があったのですね。うつになる人は一般的に人生にまじめに取り組みすぎるような人が多いように思います。
生きるっていうことは大変なことですね。私も仕事柄多くの患者さんの死に接したり、身内の死に接したり、自分も死にそうになったことがあり、自分が生きているっていったい何のためなんだろうと思います。時々仏教聖典を眺めたりして心に沢山の良いエネルギーが入るようにしています。
nagaさんも心に沢山の良いエネルギーが入るといいですね。でも、今はいい薬も多いので体調によっては薬の力を借りることも考えてください。微力ですが、何かありましたらまた相談に乗ります。袖摺りあうも多生の縁ですね。good luck!!

nagaさん

現在57歳ですが、20年も前から「仮面うつ病」と診断されたり、「自律神経失調」という病名は無いと思いますがそのように診断されてきました。
広場恐怖ではありませんが「パニック障害」になったり、といろいろ面倒な体を背負ってしまって厄介だな!健常人は良いな!と思って暮らしてきました。
5年前に会社の大変革があって、その頃からいろいろな不定愁訴に悩まされています。
60歳からやりたいこともあり、それまでに体が若い時に近い状態(歳も勘案して)なればいいと思っております。団塊の世代ですから逝くまで働かなければ仕方ないのかな、と思っております。
「エネルギー」ですか、私は電気工学出身なのであまり精神的ものは影響無い(興味が無い)と思っていました。
でも最近様々な不調に困っており、「信心」に近いことも誘われております。たまには気分を変えるにはいいかな、と思うようになってきました。
貴重なご意見をありがとうございました。

赤ひげ 先生

nagaさん、団塊の世代とのことですが、私もほぼ同世代です。たとえが悪いかもわかりませんが、子供たちがはまっているコンピューターゲームには攻略本があります。いきあたりばったりでは、いい結果が出ません。うまくやるためにはやはり、ノウハウがあります。人生にも攻略本のようなものがあるといいですよね。それをガイドラインとして生きていけば苦しみはより少なくなるのではと思っています。
そういう意味ではお釈迦様が八正道という正しく生きる道をを説いていますが、まさにそのとおりと思います。歴史上の先人たちも人生と苦闘して色々示唆に富む教えを残してくれています。
何も仏教にこだわることはありませんが、心に響く教えは多いと思います。医学関係の本は知識が載っていますが、これらの書物には知恵が載っています。人生経験豊富なnagaさんですので心に沁み込む教えになると思います。医者がアドバイスするサイトのはずが、お坊さんがアドバイスするような内容になって申し訳ありませんが、お互い平均寿命から言うとあと20〰30年程度の寿命しかありません。後半の人生が有意義になりますように祈っています。

赤ひげ 先生

久しぶりにnagaさんの質問のページをみていて自分の文章で「お互い平均寿命から言うとあと20〜30年程度の寿命しかありませんが、」というつもりで書いた文章が、なにやらわけのわからない変な数値になっていました。下から2行目の20&#12336:30年程度の寿命というのは、こんな風に書いた覚えは全くありませんので、訂正しておきます。それにしてもこんな数字入力した覚えがないのですが。
そういえば、他にもたまに変な数字が文章中や投稿者名であったことがありました。

赤ひげ 先生

nagaさんその後お元気ですか?何かメールが入ってないかと思ってnagaさんの質問の項にアクセスしてみ、自分の書いた文章を読み直していたら、自分の書いた文章に変な数字が入っていたので、そのことだけを書いて送信してしまいました。本来はnagaさんの近況を知りたくてページ開いたのでした。nagaさんよかったら近況教えてください。

nagaさん

しばらく「のぼせ」が酷くてこのサイトを見ていませんでした。
このサイトは出勤のための運転が、5月から出来なくなってから会社を休み、7月頃から利用させてもらっていました。
今から思うと病因は同じように思うのですが、2つか3つの原因があるように思っています。
一つは、約14年前の暮れに酷いパニック障害になって、治った翌年の3月のある日から17:00〜20:30まで1分でも立ち上がると「苦しい」て寝て過ごしていました。その他の時間は全く健常で過ごしていました。(2000.07.31まで)
二つは、2000.07.28に慣れないノートパソコンを出張先で一日中使った夕方に両肩が盛り上がり数日後の2000.08.01に起き上がると血圧が180になる肩こりが始まり、その後様々な不定愁訴に悩まされております。
2001.02から「頭が焼けそうに熱くなり毎日水を被って」仕事をしていました。
また、2002.01から「腹が飛び出す感覚」が始まり現在まで続いています。
「頭の熱い」のと「腹」に関係があるのかどうか分かりませんので、原因は2つか3つと思っています。
「夕方(17:00〜20:30)動けない」ので管理職を辞退し、広く知識を習得することを目的にすることで自分を納得させていました。
今でもデータベースが残っていますので、当時課員の数倍の仕事をやっていたことは証明できます。
2000.08.01から不調になり、その後軽いパニック障害になったりで過ごしていましたが、今年のGWの一週間で起きてすぐに運転が出来ず、現在も同じですので休んでいます。
「腹が飛び出す感覚」に関しては、このサイトで下記のようなコメントを頂いておりますがまだ精神科医に相談しておりません。
******************************
確かに、物理的には飛び出すことはないでしょうが、そのような感覚が続くというのは大変におつらいことと存じます。
これはストレスが原因とするならば、
1.おなかにガスがたまる
2.それが気になってしまう
3.気になることがストレスとなる
4.ガスがまたたまる
という悪循環を招いている可能性もあります。
これを絶つにはやはり心理的な治療が必要ではないでしょうか。ご検討ください。
*****************************
「夕方動けない」は、当時15:00から2時間休むと17:00から全く健常に会議・宴会をこなせていましたが、2000年からそういう「時間調整」が出来なくなってしまいました。
ただ、軽いパニックの時にレキソタンを頓服として処方してもらい、その後朝・昼・晩と常用するようになってから2時間ほど遅れて「動けない」だけになり元に戻ることは無くなってしまいました。
(それほど起きている必要も無いので早めに寝てしまうからだと思います。23:00頃には元に戻るようです。)
現在困っていることは、依然として「起き抜け」の2時間くらい肩こり状態(正確には起きると下着のゴムが食い込む感覚が同時に起きます。)が酷いですが、肩こりというより全身の筋肉が硬直するようです。
試しに、起きる1時間くらい前にレキソタンを服用すると、起きてかなり楽になります。
最後に、医者の判断ではありませんが、どうも「男の更年期障害」らしいようです。
近くに適切な医者がいませんので何とも言えませんし、少々毎日に疲れてしまいましたのでまた気力が戻ってきたら「泌尿器科」で診断してもらうつもりです。
会社勤めももう時期に終わりますし、5年程前から「更年期」が始まっていたと思えばこれも仕方ない事と思っております。
ただ「腹」は更年期とは別な原因か?と思っております。
ありがとうございました。

赤ひげ 先生

久しぶりにメール拝見しましたが、大変そうですね。精神科の先生とは是非きちんとコミュニケーションをとられてください。できれば健康診断または人間ドックのような形で身体的な異常がないかについても、一度チェックされて上での精神科受診が好ましいと思います。

nagaさん

ありがとうございます。
3ヶ月間都立神経病院へ通い、検査では「腹」も含めて全て異常なしでした。
悪いことに、ジプレクサ・トレドミン・ディプロメールの全てに関して副作用で服用出来ず、遠いので通院を止め、近くの診療所に通っています。
現在の所「様子をみる」という理由でルジオミールなどでごまかしていますが、どうも本当の病因では無いようです。
最近「のぼせ」も酷くなったので、やはり「更年期障害」が合っているような気がしております。
お気遣いをありがとうございました。

nagaさん

このサイトで下記のようなアドバイスを頂きました。
*******************
確かに、物理的には飛び出すことはないでしょうが、そのような感覚が続くというのは大変におつらいことと存じます。
これはストレスが原因とするならば、
1.おなかにガスがたまる
2.それが気になってしまう
3.気になることがストレスとなる
4.ガスがまたたまる
という悪循環を招いている可能性もあります。
これを絶つにはやはり心理的な治療が必要ではないでしょうか。ご検討ください。
********************
最近近くの精神科に行って相談しましたが、「全く無視」でした。
全ての不定愁訴の一環としか考えてもらえず、話になりませんでした。
そこでですが、このような症状に関して「自分で出来る方法」があるでしょうか。
例えば血圧は「深呼吸すると15から20くらい下がります」が、何か参考になる自分で出来る対処方法がございましたらご教授をお願い致します。
宜しくお願い致します。

赤ひげ 先生

nagaさんメール拝見しました。専門外ですので具体的なアドバイスができず、申し訳ありません。

nagaさん

ご返事ありがとうございます。
考えて頂けるお医者さんを探してみます。

nagaさん

他の事情からですが朝・昼・晩にレキソタン5mgを処方されています。
今まで気が付かなかったのですが、レキソタンを服用後短い時間ですが「飛び出る感覚」が緩和されることを自覚しました。

これまで突然血圧が180から200になる時がありましたが、その時には必ず胃の強ばりを感じていました。

腸だけに関して慢性的に休むまで緊張していると感じています。
腸だけの緊張緩和のお薬があるのでしょうか。

宜しくお願い致します。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。