タケキャブ長期服用の副作用について

person60代/女性 -

15年ほど前から逆流性食道炎の症状があり、断続的にパリエットやネキシウムを服用してきました。
症状は良くなったり悪くなったりを繰り返してきて、令和4年の夏から現在まで、約1年半はタケキャブを毎朝10mg連続で服用しています。
症状は概ねおさまっているのですがドクターに「薬をやめることはできますか?」と尋ねると、「やめるとまた症状がでますよ」と言われてしまいました。

昨年の胃カメラでポリープがたくさんあると言われたこと、また以前と比べて便通が安定せず時々下痢になったりすることが、タケキャブ連用の副作用ではないかと心配しています。

薬を減らせるなら、今以上に食生活の改善に努力するつもりです。

そこで2つお尋ねしたいのですが、
1.タケキャブによるポリープは良性のものなので心配ないと言われたが実際のところどうなのか?気にしなくて良いものかどうか。

2.症状を抑えるためにはタケキャブの服用しかないならば、毎日ではなく、呑酸や胸のつかえがあるときだけ服用してもよいか?

以上、ご返答いただければと思います。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師