Q

ホスピスについて

実父が胃・食道・肺・肝臓・リンパと癌になっており。投薬治療を打ち切ることになりました。本人がホスピスへの転院を希望しています。ホスピスを選ぶポイントを教えてください

質問者:スカ娘 さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

ホスピスの選び方としては、いくつかの候補をあげて本人に選んでもらうのがベストです。その目安としては

1 入院してからの方針が明らかにされているか
2 見学に行き、家族の眼からみても快適に過ごせるか
3 他の患者さんの表情、家族の様子はどうか
4 ホスピス内の環境、清潔さ
5 家族の交通の便はどうか
6 費用についての方針が明らかにされているかどうか
7 いざというとき相談できる病院とのつながりがしっかりしているかどうか
8 スタッフの表情、仕事っぷりはどうか

といったことを考えてください。やはり、見学は欠かせませんね。また、ホスピスの選び方に関するガイドブックがいくつか出版されていますので、参考にされてください。

DM島田の植田 先生
糖尿病科

DM島田の植田 先生

やはり口コミで評判のよいホスピス病院を選ぶのが1つのポイントかと思います。ホスピスは本人への癌の告知が原則でありますので、その点をまずご承知ください。そして、いかに患者さん本人が心の平安を持って残りの日々を過ごしていただけるかが大切かと思います。まずご家族が実際に施設を見学されて本人が過ごしやすそうか、家族親戚が見舞いにも行きやすいかどうかなども調べられてから決められてはいかがでしょうか?

スカ娘さん

Drの生声が響きます。入所待ちの間は現在の病院に入院し続けるのが困難な状況です。対応方法の助言も頂きたいです。入所待ちで最期を向かえるかも…

いち内科医 先生

やはり、自宅は難しいですか?現在でも自宅での最期はそう私のまわりでは多くありませんが、悪くはないと思います。もちろん、ご家族の負担ははかりしれませんが、、、。

ホスピスが見つかるまでに、現在の病院に入院し続けるのが困難な状況なのはわかります。しかし、その場合、施設を探すのは主治医の仕事でもあります。病院によっては医療連携室というものがあり、施設探しをサポートしてくれます。ホスピスでなくても最期のときを迎えられる施設はあるはずです。施設探しにほんろうされて本人に負担をかけないようにしましょう。私たち医師は主治医になった患者さんの最期を看取る義務があると思っています。終末期の人が、入院し続けることができないのはおかしいと思って、主治医にもしっかり協力してもらいましょう。

スカ娘さん

摂取できず、自宅点滴の為の肩部開口手術も無理との判断。現在は輸血もしています。意識は途切れ途切れ。 ベットの空きを待っている他の患者さんの事を考えると…

いち内科医 先生

身内のことだけを考えていればいいと思いますよ。意識状態も悪く、輸血、点滴が必要な状態=医療、治療中の患者様と考えて下さい。移る施設にもよりますが、輸血、点滴、意識状態不良な状態の患者さんをそうそう簡単に転院させてくれるところはそんなに多くないと思います。ご家族は、身内のことだけを考えていればいいですよ。あまり、気をつかわないでください。

うなぎさん

ホスピスを希望していてなかなか入所待ちで入れませんでしたが、先生のご好意で最後を迎える2週間位前に入る事ができました。それまでは、ギリギリまで自宅で普通の生活を送りましたし、病院に再入院して3週間ほどで入所できました。最初の病院では年を越せないと言われながら、翌年の2月までもちました。ホスピスには家族が強く強く要望を伝えたという事もありましたので、ご本人が希望しているならば希望している所に強く何度も言ってみてはどうでしょうか?

dora 先生
腎臓内科

dora 先生

御本人の安らげる場所が一番と思われます。
御自宅からの距離(遠方ですと御家族のお見舞いが大変)
病院の雰囲気、費用、治療内容(痛みの管理)等も
しっかり伺ったほうが良いでしょう。
ご本人と一緒に見学されて決めていただくのが良いと
思われます。

アメリカ娘さん

私の母は、去年7月に大腸癌で亡くなりましたが、医師に余命3ヶ月と宣告されましたが 在宅で9ヶ月 生きました。家族は大変ですが 本人は喜んでくれたと思っています。家族の協力があれば お勧めします。

スカ娘さん

明日 家族Drケアサポートを交えての面談があります、頂いたご意見をきちんと踏まえて行って参ります。ありがとうございました。結果報告します。

アメリカ娘さん

面談の結果はどうでしたか?忙しくて大変だと思いますが気分転換も必要だと思います。私はアメリカ在住なので母の2回めの手術のため帰国して術後余命3ヶ月と宣告されそのまま日本に4ヶ月滞在して看病しましたが やはり気が滅入る事が多くその時の気分転換は歯医者に行くことでした。そのときだけ歯医者の椅子で音楽を聴きながらリラックスできました。だからあまり思いつめないで頑張って下さい。その後病状が落ち着いたので父が一度帰れとうるさいので一旦1月に帰って5月にまた日本に来て7月に母が亡くなるまで看病しました。苦しいと思いますがそういう時こそ明るい笑顔をお父さんに見せて励ましてあげてください。

スカ娘さん

ホスピス入所決定の知らせの電話があった夜に父が永眠しました。 建設的な父でしたので治療のデーターが今後の新薬開発に役立つことを期待しているのではないかと思います。 皆さんに励まして頂きありがとうございました。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。