星状硝子体症 光視症

person40代/女性 -

片目が星状硝子体症で、最近下の端の辺りに光視症の症状が出てきました。飛蚊症もかなり前からあります(慣れてしまって気になりませんが)
今のところ網膜に問題はないようですが、星状硝子体症の場合、後部硝子体剥離が進んでいく際に網膜剥離が生じるリスクが高いのでしょうか。
また、網膜裂孔が起きていても気付かないのではないかと不安で、定期的に通院してみていただこうと思うのですが、短期間で何度も瞳孔を開くことはとくに問題はないでしょうか。

眼科分野 に限定して相談しました

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師