炎症系の症状について(消化器系、大腸)

person20代/男性 -

潰瘍性大腸炎を患っているものです。
(発症から7年ほど)
先日、定期的な内視鏡検査を行い、病理検査の結果として主治医から『high grade dysplasiaが認められる』『放っておくと癌になる』旨伝えられました。また、詳細な確認をしたいということで、来月にもう一度、内視鏡検査を行うことになりました。
伝えられた時は少し気が動転しており、主治医の説明に理解が追いついていなかったため、以下質問させていだだきます。

・今回採取した組織にhigh grade dysplasiaが認められる場合、周辺もしくは腸全体のどこかに発癌している可能性は高いのでしょうか。
・通常の大腸がんと潰瘍性大腸炎型がんは大きく異なり、潰瘍性大腸炎型がんは平坦な形をしており、判明しづらい、また、進行も早く、発見時には転移している可能性が早いという情報を見たのですが本当でしょうか。
・通常の大腸がんと潰瘍性大腸炎型がんはどのくらいのスピードで進行していくのでしょうか。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師