父親が網膜色素変性症と診断されました。

person50代/女性 -

81歳の父親が、70歳前くらいに網膜色素変性症と診断されました。
そこまでひどくなかったんですが、この1.2年で急に見づらくなったそうです。
お医者様には、100歳まで生きるなら見えなくなるかもと言われてたので私もあまり気にしてなかったのですが、最近白内障の手術をしてから悪化したみたいで不安になってインターネットで病名を調べたら、遺伝性の病気ということがわかってとても不安になりました。

父親は一人っ子で親も亡くなっているので、父親以外のことはわかりません。
私(50)と、兄が2人いますが特に症状が出ている人はいないみたいです。

私は、2年前に眼科で精密眼底検査をしましたが、特に何も言われませんでした。5年前、7年前には、薬で瞳孔を開いて眼底検査をしましたが、その時も何も言われませんでした。

調べたら、特に治療法などもないみたいなので、このまま気にしないでも大丈夫でしょうか?
不安症なので、もしそうだった場合のことを考えるととても怖いです。
子供も2人いるので心配です。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、33万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師