2/16から1週間以上続く高熱

person30代/男性 -

31歳男性です。
2/15→倦怠感あり。
2/16→37-38度で喉の痛みがかなり強い
2/17→最高38.7度まで上昇
2/18→町医者A受診。コロナインフル溶連菌陰性で、トラネキサムとフェキソフェナジン、カロナールを処方される。
その後、39度まで上昇。
2/19→38-39.5度
2/20→他院B受診。レボフロキサシン、デキストロメトルファン、トラネキサム、spトローチを処方される。経過観察とのこと。しかしながら夕方38度後半→夜間に40.1度
2/21→2-3時台にカロナールの効き目もあってか、39度まで低下。日中は37度台まで落ち着くが、夜になると38度後半まで上昇。別病院Cの救急外来受診。咽頭の腫れ(膿がすごい)ことから溶連菌あるいは淋菌クラミジア の可能性を指摘。溶連菌は陰性。またcrpの数値がただの風邪にしては高すぎるので、血液培養検査を実施するとのこと。夜間38.0度
2/22→朝37.2度だったが、昼ごろから37.8度→夕方38.0度→夜38.5度と上がる。深夜39.2度
2/23→自費診療のクリニックDにて性病検査と点滴を実施。淋病点滴、クラミジアのジスロマック 4錠飲み切るが、夜に出た結果は両方とも陰性。
夕方39.6度まで上昇。一時的に38度台まで下がるも、39.7度が夜中続きました。

そろそろ体力的にキツくて、かつ
仕事にも影響を及ぼすので
今日も夜に39度台がでたらもう別の病院の救急外来に受診して入院させて欲しい旨伝えたいと思いますが、これって考えられる病気ってなんなんでしょうか。

本投稿の添付画像は、投稿者本人と医師以外はご覧になれません。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、33万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師