前庭神経炎 車の運転などは?

person30代/女性 -

先週の15日、激しい目眩、吐き気で動けなくなり、脳神経内科、翌日に耳鼻科を受診し、前庭神経炎と診断されました。

当初は仕事(飲食店のホール)と、車の運転は1週間休むこと、又、動けるようになったら動いた方が早くよくなる。と言われました。
激しい目眩と吐き気は1日で落ち着き、翌日はフワフワする感じや、時折ふらつきはあったものの、動けたので家事を再開させ、外を歩いたり、目のめまい体操みたいなものしていました。
幾分かよくなりましたが、1週間後もまだふらつきがあったため、仕事も運転もあと1週間休むよう言われました。
仕事も運転も、首を振る動作があるので、それでふらつくと危ないので、ふらつきがスッキリするまでは…。との事でした。
色々な耳鼻科のサイトなどをみると、治るのにかかる期間の差が大きく、中には後遺症としてふらつきが残ってしまう人もいる。とあります。

もし、ふらつきが後遺症としてふらつきが残ってしまうと、仕事をやめなければならなくなったり、運転ができなくなってしまうのでは?と不安になります。
個人差はあると思いますが、ふらつきなどの後遺症が残っていても、車の運転や体を動かす仕事をしている方は多いのでしょうか?

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、33万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師