双極性障害 バルプロ酸からラモトリギンへの変更

person30代/男性 -

母が双極性障害 鬱期です。

主治医にももちろん相談しますが、
こちらで一般論としてご意見いただけると嬉しいです。

現在の投薬は、
ビプレッソ300mg
バルプロサン600mg
です。

今まだ急性期ですが、
治療の増強や、寛解した後の予防も見据え、バルプロサンをラモトリギンに置き換えしたいです。

ここからご相談です。

●ご相談1
ラモトリギンは、バルプロサンより抗うつ効果やうつ予防に優れている印象なのですが、
一般的な考えとしてはあっていますでしょうか?

●ご相談2
もし置き換える場合、急にバルプロサンをやめるのではなく、
徐々に減薬していって、体から抜けたあたりから、ラモトリギンスタートにしたいのですが、
そのようなやり方はスタンダードでしょうか?
併用で血中濃度が上がるリスクをできる限り減らしたいです。

●ご相談3
以前、ラモトリギン100mgまで増やしたことがあり、発疹は出ませんでした。
発疹は薬剤アレルギー反応というのを記事でみたのですが、
そうであれば、また改めて服用しても発疹は出ない可能性は高いでしょうか?

よろしくお願いいたします。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、33万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師