Q

頚椎神経根症の改善方法

約1ヶ月前頚椎の4〜7番の椎間腔の狭小の為との診断を頂、三週間首の牽引を2〜3日おきに受けています。
始めは耐え難い痛みでしたが、現在は右肩甲骨付近の少しの痛みと主に右手子指の麻痺・痺れがあります。
この症状の改善のための生活態度、食事などのご指導を頂きたく。
尚、外科の先生にお願いすべき治療がありましたら、宜しくお教え頂きたく。
66歳の男性です。
End

質問者:とみとよ さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

まず、保存的治療として安静、理学療法、薬物療法があります。場合によっては入院安静、持続牽引、ブロック療法が行なわれます。ブロック療法には硬膜外ブロックと神経根ブロックがあり、硬膜外ブロックは脊椎管の中、神経の神経を包む膜の後ろに麻酔薬注入します。一方、神経根ブロックは痛みを起こしている神経の根本に直接麻酔薬を注射します。こういった治療を1〜2ヶ月行なっても効果が無い場合、手術が検討されます。とみとよさんの場合もそろそろ主治医と相談して、牽引だけでいいのかの判断が必要です。

とみとよさん

ご教授有難う御座いました。
アドバイス頂いたように主治医先生に今後の対応を尋ねます。
パソコンを開くのが遅れ、ご連絡が今になりました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。