Q

過敏性腸症候群

高校生の娘ですが、緊張するとおなかの具合が悪くなる症状が強いため(特に学校のある日の午前中)、学校の先生のすすめもあって5月から心療内科に通院しております。
なかなかすっきりとせず、お薬も症状に合わせて変えてもらっているのですが、現在6種類のお薬を処方されております。
成長期なのでこんなに飲んでも大丈夫なのかなぁと少し不安もありますが、おなかの具合のほうは少しずつではありますが改善はされているようです。
現在のお薬は、セディール10・アンプリット25・ガスモチン5・ツムラ半夏厚朴湯エキス・オースギ半夏瀉心湯エキス・ガスコンで毎食後(食前もあり)に服用しています。
症状にもよるのでしょうが、このお薬の量は多くはないのでしょうか?

質問者:さくら さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

どうしても心理的な不具合がお腹の症状として出てしまうのですが,それとのつき合い方,つまりおなかが調子わるくなっても,もともと大きな形のある病気ではないので大丈夫なんだよという事を,自分に納得させられると,随分違うように思います.それがなかなか難しいのも事実ですが・・・.
学生の頃は,どんな時でもトイレに行ってしまえばいいや・・と思えない感覚が,よけいに緊張や不安を呼んで,調子がわるくなってしまうものです.
私も過敏性腸症候群の一人ですが,高校生位の時は特にひどかったもので,患者としての経験です.今でも症状がないわけではありませんが,うまく付き合うようにしないと仕方ないなあと思ってます.
お薬については,漢方を複数剤というのはどんなもんでしょうか?漢方の診断は,西洋医学とちがって,一部ではなく,全身を一つと見立てて処方がきまっていくので,特殊な補剤でない限り,あまり重複して使わないのが一般的なように考えています.

さくらさん

>学生の頃は,どんな時でもトイレに行ってしまえばいいや・・と思えない感覚が,よけいに緊張や不安を呼んで,調子がわるくなってしまうものです.

そうです、娘もまさにそういう感じです。家にいるときはいつでもトイレに行けるので、症状も軽そうです。

娘が診察時に腹痛が続くことを訴えるためなのですが、診察に行くたびに薬の数が増えるのは不安です。
クリニックの先生に、一度そのあたりのことを尋ねてみるこにします。
ありがとうございました。

tora 先生

そうですね。僕は自分の体験上の、例のトイレの話をして、他の先生が言っておられるのと同様に「ぶっちゃけ」で、本人にもお話をしてみる事にしています。修学年代の患者さんには感覚的にこちらが症状の事を理解している事が伝わる事だけでも、安心ができるのでしょうか、よくなる子がいるように思います。もちろん、お薬をうまく使ってあげる事も大事ですが。

さくらさん

主治医の先生が親身になってお話を聞いてくださると、それだけで気持ちが落ち着くことはありますよね。
ましてや、先生が自分と同じ症状があるんだと思うと余計に安心できます。

以前通っていた胃腸科には二人ドクターがいらっしゃいましたが、お一人は娘の話をよく聞いてくれて、tora様と同じように自分も緊張するとおなかの具合が悪くなるんだよと話してくださり、とても優しいよいドクターでした。
そのドクター、臨時で大学病院から来られていた方のようで、不在のときが多く、もう一人のドクターに診てもらったときのこと。
カルテ見るなり「学校でお腹痛くなるの?いじめられてるんじゃないの!?ハハハ・・」
ぱぱっとお腹を触診して「盲腸じゃないの?」と言うなり看護婦さんに検査の指示を出し、今は痛くはないといっているのに鎮痛剤のぶっとい注射をされてしまいました。
薬出しておくからまだ痛むようなら切った方がよいからまた来て下さいと言われましたが、二度と行きませんでした。
あれから3ヶ月たちますが、盲腸の症状は全くありません。

本題と関係のないお話で申し訳ないのですが、このようなドクターがいるのも現実です。
きっとtora様は前者のようなドクターでいらっしゃるのだと思います。

ご返信ありがとうございました!

へたれ循環器専門医 先生
循環器内科

へたれ循環器専門医 先生

過敏性腸症候群は症状をコントロールすることが主な治療になりますので、症状が強い人はどうしても薬は多くなりがちです。多いっちゃあ多いが、医者の好みもあります。私は内科医にあるまじきことに薬が嫌いなため、ここまで多剤を併用することはあまり無いです。多剤を併用すると思わぬ相互作用や、副作用が出るリスクが高くなることを重視するのが、私の診療方針ですので。生死に関わる疾患ではないことを説明し、症状とある程度はつきあって、うまく折り合いを付ける様にお話した上で、1〜2剤でコントロールするように心掛けています。症状を完全に押さえようとすると、薬って多くなりがちなので。ただし、しつこい様ですが、これは「私の」主義であって、必ずしも正しい訳ではありません。主治医の先生にぶっちゃけ聞いてみるのが一番です。

さくらさん

ご回答ありがとうございました。
娘の症状は、かなり強いほうだと思います。
高校に入りたてのこの5月には、腹痛のことやら高校生活への戸惑いのためか、気分が落ち込んでしまい、わけもなくぽろぽろと涙する日々もありました。
そういうこともあり、心療内科のほうで診察を受けるようになりました。
気分の落ち込み等は改善されましたが、腹痛のほうはまだ症状が落ち着かない様子です。
学校には休まず行っていますが、時々保健室で休むこともあるようです。
おっしゃられるように、気になることは主治医の先生に聞いてみることが一番ですね。
次回診察時に薬のことなど聞いてみることにいたします。
ありがとうございました。

さくらさん

先ほどの返信で、タイトルを「へたれ循環器専門医」で送信してしまいました。
「へたれ循環器専門医様、ありがとうございました」の誤りです。
大変失礼いたしました。

わかりやすく説明する医師 先生
一般内科

わかりやすく説明する医師 先生

現在は過敏性腸症候群の治療については治療のガイドラインがありますので、それにだいだいそって治療します。第1段階では、まず高分子重量体を中心にして治療します。つまりポリフル、コロネルと言う薬を使用します。この薬を使用すると大部分の患者さんは良くなる事が多いです。娘さんは使用しましたか?この薬1剤で治療して改善している患者さんは多いです。又ガスモチンなどを併用する場合もあります。胃腸薬で改善しない場合第2段階で抗うつ剤や抗不安剤を使用します。現在使用しているセディールやアンプリットです。普通漢方薬は4週間使用して改善しない場合ぼくは中止します。

さくらさん

ポリフル、コロネルは使用したことがないと思います。
以前、おなかの具合の悪いときは、近所の胃腸科で診ていただいておりましたが、そのときは、タンナルビン「ホエイ」・アドソルビン・ロートエキス散を処方されておりました。
そういう経緯を今のクリニックの先生にも説明しており、最初に心療内科で処方されたのは、オースギ人参湯エキスとセディール錠とガスコンでした。
その後、症状にあわせて現在に至っております。
今は、以前に比べるとかなり楽にはなってきている様子です。
お薬の量のことなど、次回診察時にたずねてみることにいたします。
貴重なご意見ありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

薬の量についてはいちがいにはいえません。ただ、現在の処方は漢方薬をはじめてして、そこまで体にダメージのあるものは含まれていないようです。過敏性腸症候群は、何らかのストレスが原因のことが多く、腸の薬は対症療法にすぎません。娘さんのストレスは何か、本人もきづいていないうちに、何かが原因としてのしかかっていることもあります。心療内科ではそのあたりにも注意して相談するようにしてください。

さくらさん

お薬の量やら強さやらが気にかかっていたのですが、安心できました。
確かにストレスを抱えやすい子です。
クリニックでもカウンセリングを受けています。
通っている高校が進学校と言うこともあり、勉強のストレスもかなりあるようです。
わたしもついつい心配でいろんなことに口出しすることが多く、それも嫌な様子です。
これからは、長い目で見守っていってやりたいと思っています。
ご回答有難うございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。