血圧と水分摂取の関係を教えてください。

血圧と水分摂取の関係を教えてください。

質問者:ひげシェフ
  • 2005/08/22 01:53
  • 閲覧数:2205
  • 報告する
  • 医師回答あり

このサイトで、ある先生の「血圧を雨と川の流れに例える」のお話の中に「梅雨のように、雨の量が全体に多いとどうなりますか?これが水分・塩分過剰の状態です。」というくだりがありましたが、血圧は水分の摂取量で変化があるという事なのでしょうか。
私は血圧が高いと言われています。(あまり測定経験が無いですが、おおむね上が150くらいで下が100くらいです)汗かきなので、一日に4リッター以上の水分を飲みます。(食物とは別です)年齢は41歳・男性・お酒は毎日ワイン1本程度・煙草は 20本・睡眠時間は4〜5時間です。アルコールや煙草が高血圧に原因する事は当然知っていますが、水分摂取量が関係する事は知りません。どなたか教えて下さい。

初回の質問から2週間で返信の受付は終了いたします。
受付終了後、医師に追加で質問したい場合には、再度質問をお願いします。

Avator doctor
hero2005(全科)医師認証済

水分摂取量は、単純にどれだけのむと過剰で不足かということは論じにくいのが実情です。

労働やスポーツにより、多量に発汗がおこれば、当然、飲水量を増やさなければ脱水がおこります。一日4Lの飲水が多いかどうか、一概に言えません。確かに、平均的な通常の日生活をしている方には多すぎるかも知れません。

あくまでも、その人の体内の水分調節能力をこえる過剰な場合の説明ですので、水分摂取量そのものだけから論じるのは難しい面があります。水分摂取量よりも、「お酒は毎日ワイン1本程度・煙草は 20本・睡眠時間は4〜5時間」という生活のほうが、血圧の変動にはより大きな影響を与えると思われます。

Avator questioner
ひげシェフ

お返事有難うございます。確かに酒、煙草を控える事の方が血圧については確実ですね。節制します。

Avator doctor
いち内科医(一般内科)医師認証済

塩分を除く、水分について。わかりやすいイメージとしてたとえば、水道水、ミネラルウォーターなどは、たくさん飲んでも、血管の中にはほとんど残りません。細胞の中に移行するからです。通常のかたで血圧に与える影響は塩分やアルコール、たばこに比べて小さい理由です。さらにこの影響が小さいからこそ、脳血管障害や心臓血管障害のかたの中に水分をとるように指導されるかたが多い理由になります。もちろん、腎臓病、心不全のかたでは水分のこの小さな『影響』も大切なため、水分制限が必要になります。通常の水分についてのイメージはこういったところになります。

Avator questioner
ひげシェフ

お返事有難うございます。水分摂取量は血圧にはあまり関係ないのですね。解りました。ワインと煙草を節制します。

Avator doctor
血管心臓医(循環器内科)医師認証済

医学の教科書的には、水と塩分を過剰にとると血圧が上がる。水だけを過剰に摂取しても「健康人」では高血圧にはならない、とされます。塩分がなめくじにかけた塩のように水を吸い込む(この場合は、摂取された塩分が血管内に水を引き込んで大水を引き起こすイメージ)からで、塩分過剰でなければ、余分に摂取された水分は腎臓から捨てられる(あるいは汗に出る)からです。
しかし、現実には水分を摂りすぎて血圧が上がる方はおられます。水分制限(4リットルは普通多すぎます、さらにワイン一本でしょ?)で、高血圧が改善する人もおられます。雨と川のたとえでは、単純化して話しましたが、現実の血圧調節の機序は非常に複雑ですから。

それから、節制は絶対に!必要ですが、1度循環器内科(ゆっくり話を聞いてもらえる)を受診されてはいかがでしょう?汗かきといっても4リットルも水が飲みたくなるのは普通ではありません。甲状腺や副腎など内分泌の病気で汗を過剰にかくもの、糖尿病のように喉が渇くもの、精神的なストレスや自律神経失調で多飲症になっているひと、腎障害で薄い尿がでるひと、カルシウム代謝異常、脳の病気など、稀ではありますが、早く見つけておかないと後から気づいたのでは遅い病気、治してしまえば解決するものがいろいろあるのです。

Avator doctor
血管心臓医(循環器内科)医師認証済

誤解のないように。

私の知り合いの名シェフも、熱い厨房で一日を過ごし、大量の水を飲みます。水分制限と言っても、熱中症や脱水になっては逆効果だし、これが腎臓を痛めることもあります。基本、喉が渇けば(夏の運動の後のように口の粘膜がねたねたになる状態)水を飲んでください。

ただ、逆にこのような生活から腎臓が知らない間に悪くなっていたり、暑くて汗をかくせいで水をたくさん飲むのだ、と納得していたために、隠れた病気に気づかないこともある、ということをお話ししたかったのです。口の中はつばがたっぷりあるのに、水が飲みたくなる状態、これが問題なのです。神経性多飲、ホルモン、腎臓、糖尿病などです。循環器内科でゆっくり検討してもらえなければ、内分泌内科でも良いでしょう。

Avator questioner
ひげシェフ

大変詳しくありがたいお話有難うございます。でもとても怖いお話でした。先生の知り合いのシェフは患者さんなのでしょうか?同業者として日々の職生活はよく解ります。私たちは家で過ごす事より職場にいる時間の方が断然長いので、職場の生活が精神にも肉体にも影響する事が多いです。
料理人は喉が渇くというより口(舌)が重くなり(味見を繰り返すので・・・当然塩分の摂取は普通の人より多いでしょうね)水を含みます。本当は舌を洗う程度の水で、吐き出しても良いくらいなのですが、やはり飲んでしまいます。それも必要以上に飲みます。結果、一日にすると3〜4リッターの水を飲んでいる事になるのです。でもそれくらいの量は汗と排泄で体からは出て行っていると思うのですが・・・。とにかく半端じゃないほど汗をかきます。ランチが終わるとシャワーを浴び、下着もコックコートも着替えます。(厨房にクーラーが無いせいもあるのですが・・温度が高いところは40℃近くあると思います)
もうひとつ質問したいのですが、汗をたっぷりかく頃から時々、就寝中にふくらはぎや足首が痙攣し、目が覚めることがあります。クーラーかけながら寝ているせいかも知れませんが、「カリウムが汗と共に排出されると痙攣を起こしやすい。」と聞きました。もしそうなら、どうすれば良いでしょうか?バナナやキュウリを食べると良い、と聞きましたが・・・。

Avator doctor
血管心臓医(循環器内科)医師認証済

まず雑談で失礼。知り合いのシェフは、検査しなさいと言っても「病院に行く必要はない」といって聞きません。で、ついカウンターで医療相談です(だったら健康を心配して相談してくるなって!高血圧はありませんが)。顔が見えるだけ、このサイトよりまし?かもしれませんが、結局きちんと受診させられていないから、私は医者失格ですね。

閑話休題、足がつる、ということですが、まずこのサイトのように顔も見えない人を相手に返事をする忠告だけを信じて行動するのは非常に危険です。1度、受診して下さい。私の知り合いのようではいけません。

一つは、水分・塩分バランスの異常が考えられます。1度、汗をかいてふらふら?の状態で血液検査を受けて下さい(そんな時に病院は開いていない?)。一晩たって普通に戻った時(つまり仕事のない時)に受診し採血しても、すでに体がバランスを取り戻し異常を検出できないかもしれません。休みの日にしか受診できないとしても、1度検査は受けられた方がよいです。ナトリウム、カリウム、カルシウム、貧血、その他、一般的なスクリーニング検査(健康診断のようなもの)をまず調べてもらって下さい。体調が違うときに血液検査を再度受けて比較すると隠れた異常が見つかることもあります。血中カリウムの絶対値が正常範囲でも、短時間での血中濃度の変化が足のけいれんをおこすことも少なくないので一回の検査では見つからないことが多いのです。

二つ目は、ビタミンB群の欠乏です。非常に暑い場所にいるとしばしば消耗し、特にビタミンB群は枯渇します。市販のビタミン剤でもドリンクでもよいから通常量を飲んで(過剰に飲んでも、普通は水溶性ビタミン(B群、C)は尿から排泄されるので過剰が問題になることは少ない、ただ飲み過ぎはおしっこに垂れ流すだけなのでお金の無駄、、、です。薬局などで買うより、やはりキチンと内科を受診して処方してもらった方が安上がりで、健康チェックにも良いでしょう。ビタミンB群の複合カプセルを一日3個1週間続けると、目に見えて足がつらなくなる人が多いです。良く効く漢方薬もあります。あくまで医師に診てもらってから、ということにしたいので詳しくは敢えて書きません。

3つ目は、立ち仕事が長い、冷える(クーラーはその通りです)、緊張が続く、運動のしすぎ(セックスを含めて)、なども原因になりえます。

4つ目はホルモン(内分泌)の病気などです。これも血液検査で目的をもって調べないとわかりません。高血圧などの原因を調べることにもなり、一石二鳥です。で、医者を訪ねる気になりましたか?バナナやキュウリはそれからでも遅くない、です。原因さえわかれば、あとは簡単ですから。

Avator doctor
血管心臓医(循環器内科)医師認証済

追伸です。
味見で塩分も意外に多く摂っておられる、これは気づきませんでした。患者さんの背景を最大限知ることが、次の患者さんへの適切な指導につながります。正直、厨房で働く人は暑さと汗、それを補給するための水分、塩分という発想しかありませんでした。大変参考になりました、ありがとうございます。
当然ですが、汗に塩分もでますから、何が何でも制限ということはありません。で、動的なバランスを血液検査でチェックするのは難しい。場合によっては、体が要求するのに応える(水、塩分を摂る)のが、実は一番正しいことの方が多いのですが、でもあまり極端な環境では、間違いなく若い内に重大な病気を起こしかねませんよ。お体、大切に。

Avator questioner
ひげシェフ

大変貴重なアドバイス有難うございます。先生の言われる様に一度検査を受け様と思います。5年ぶりなので精密検査にしようと思います。本物のシェフになるには健康管理が絶対必要ですね。本当に有難うございます。

Avator doctor
hero2005(全科)医師認証済

大きなホテルや有名なレストランの厨房で働かれるかたの健康診断でよく見られるのが、高血圧・糖尿病・肥満です。通常、多量に発汗のある労働者の方たちは(昔は、鉄道の保線区のかた、炭鉱労働者の方)、岩塩をなめたりしていました。スポーツの場でもそうです。

しかし、コックさんやシェフの方たちは、味見による多量の塩分・糖分の摂取が問題となります。カロリーの面から考えるとトマトやきゅうりはカリウム補給にいいかもしれません。産業医のかたがおられるなら、総合的に健康状態についての、ご相談をされるといいですよ。

ときどき、氷水で頭を冷やすなども健康維持のためにはいいかもしれません。出来上がったおいしい料理からは想像も出来ないくらい過酷な職場での労働をされていることを検診をしている利用者の方々から聞かされております。お体をいたわってください。

Avator questioner
ひげシェフ

ご心配くださり、本当に有難うございます。おっしゃる通り、けっこう過酷な職業で、脱落者も耐えません。(お医者様もそうでしょうが・・・)知り合いや先輩コックが、糖尿病や高血圧が原因で無くなった事もあります。よほどの健康管理が必要なのですが、つい「俺は無理しても大丈夫」なんて、嘯いたり、強がったりしてしまいます。シェフはタフを売り物にするところがあるのです。でも本当に病気になれば、腕があってもお客様に料理を提供出来なくなるのですから、長く仕事が続けれる様に、真剣に体の事を考える様にします。アドバイス有難うございます。

Avator questioner
ひげシェフ

私の本筋の相談事とは、話がずれますが、「味見で塩分も意外に多く摂っておられる、これは気づきませんでした。」という先生の言葉に、補足しておきます。私はイタリア料理の料理人で、パスタ料理の味見が塩分をたくさん摂るのではないかと思っています。パスタを作る時は料理の味見も当然ですが、茹でるお湯の塩分を確かめるために飲みます。毎回ではないですが、けっこう頻繁に確かめます。そして忙しい店では、ランチ、ディナー各営業時間毎に通常の一人前以上の量のパスタ味見をします。やはり塩分摂取量は通常より多いですよね。水分をたくさん摂るのは塩分をたくさん摂るからなのではないでしょうか?イタリア料理以外は味見でそんなに塩分を摂るとは思いません、それは知っておいて下さい。
でもやはり先生の言われる様に摂取バランスの異常は良くないと思いますので、ちゃんと検査はします。
先生のアドバイスに感謝しています。先生のお仕事のお役に立てればと思い、お礼のつもりで書きました。

Avator questioner
ひげシェフ

hero2005先生は調理場で働く職人の健康診断もなさっているのですね。ご診断の通り私の知り合いの料理人も、高血圧・糖尿病・肥満と診断される人は多いです。料理人は美味しい物には目が無くて、味見を通り越した量を食べる事も良くあります(反省点ですが・・・)。当然塩分も糖分も脂肪も摂取過剰になるでしょう。シェフになれば、「その日に来られたお客様の料理を全て食べている。」と言っても過言ではないです。
本来、食物を摂取する事は健康維持が第一の目的なのに、それを提供する側が病気など、笑い話にもならない現状は事実です。私は「口で美味しいものは身体にも美味しい」を目指していますので、今回このサイトに相談して、色んな先生方のアドバイスを聞き、まず自分の健康管理が今、最も必要な事だと解りました。本当に有難うございます。これから美味しくて健康的な料理を創る為に自分の身体をしっかり管理して行こうと思いました。
医療に携わる方と苦労は同じじゃないかな・・と思うのは生意気かもしれませんが、人に健康と幸せを実感してもらう仕事はやりがいがありますよね。頑張ります。

この質問に関連するコンテンツ

必要な水分摂取量医師回答あり

水分の摂取量について医師回答あり

この症状は医師回答あり

摂取する水分と羊水の量について医師回答あり

オススメ受診記録はありません

AskDoctors「アスクドクターズ」は、国内最大級の医師会員を持つエムスリーが運営する医師相談サービスです。

  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
  • スマートフォン対応
会員登録

人気カテゴリランキング

AskDoctors

病気の医療相談なら医師に相談できるAskDoctors「アスクドクターズ」
  • 24時間受付
  • 匿名で質問可能
  • 医師2,000
  • 1,000万件以上のQ&A
会員登録
  • 医師に相談Q&A現役の医師があなたの疑問を解決。過去の質問も検索できます。医師に相談 〉
  • 病院検索病院の診察を受けた会員による受信記録・口コミで病院探しの参考に。病院を検索 〉
  • アンケート気になる疑問を選択式で会員に質問。みんなの考えがわかります。みんなに質問 〉
  • スマートフォンでもQ&Aや病院検索、生理日予測などが利用できます。お支払いも便利。

本サイトのサービスは医学・医療情報の提供を目的としているものであり、診療行為またはこれに準ずる行為を目的として利用することはできません。このサービスにおける医師による返答は治療行為ではありません。ユーザーはこのことを十分認識した上で自己の責任においてこのサービスを利用し、必要ならば適切な療機関の受診等、自身の判断で行ってください。実際に医療機関を受診する際も、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でもエムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

AskDoctorsのグループサイト

医知恵
病気に関する疑問や不安を専門医と同じ悩みを持つ会員の知恵で解決できる知恵共有サイトです。
医知恵乳がん トップ医知恵更年期 トップ
AskDoctors
一般生活向者向け健康商品・サービスにおいて、医師の意見を取り込んだ商品開発や商品評価を実施するサービスです。
AskDoctors総研 トップ商品詳細AskDoctors総研について