妊娠高血圧症候群と陣痛促進剤の使用について

person30代/男性 -

妻ですが、総合病院の診断により妊娠高血圧症候群と診断され、病院から来週の38週目を迎えるタイミングで陣痛促進剤による分娩を提案されました。
状況は以下の通りです。

•現在、37週目の3日目
•赤ちゃんの体重は2600g
•血圧は平均して125/85
•タンパク尿3.4程(これが大きな要因とのこと)
•妻の要望としてなるべく40週に近いタイミングまでお腹の中で育ててあげたい。その際、体重は適正と言われている2800から3200gまで育ってほしい。

そこでお聞きしたいのですが、この状態で40週までの自然分娩を望んだ場合、どのようなリスクが考えられるのでしょうか?
また、病院側の提案通り、38週目を迎えたタイミングで陣痛促進剤を用いた分娩を行なった場合、母子共にどのようなリスクが考えられるのでしょうか?

私としてもなるべく自然な形で出産をやり遂げたいと考えていますが、妻と子どもの命の危機には変えられないという点で、なかなか結論が出せないでいます。
何かしらご意見をいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、33万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師