Q

悔しいです!

4年前乳がん右全摘+リンパ隔清手術から一連の治療を受け、2004.10から抗がん剤のハーセプチン+タキソールを継続していました。その間首から下のCT、骨シンチ、リンパシンチなど検査を受けてきましたが、7月に脳転移がわかり、がっかりです。なぜ、頭のCTを撮らなかったのか、後悔とそれが病院への不信へと・・・
ネットで国立がんセンターメディカルカンファレンス2005.3.3「転移性乳がんにおけるハーセプチン治療の展望と課題」をみて、脳転移の割合が大きい、脳の定期検査が必要とありました。今さらと医者を恨んだり、落ち度ではと思ったりします。どのようなものでしょうか?

質問者:コン平 さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

乳癌はいったん転移が生じると体中のあらゆるところに転移をきたす(肺、肝臓、骨、対側乳房、脳、甲状腺、胃、腸管、子宮、皮膚、筋肉など)やっかいな癌です。脳転移が起こる場合は非常に高い割合で肺、骨、肝臓、鎖骨上・頚部リンパ節などに転移を生じた後に起こることが多く、初めての転移部位が脳転移である割合は極めて低いです。ハーセプチンと脳転移の関係ですが、世界的な臨床データではハーセプチンの投与と脳転移の間には相関関係は認められていないと思います。しかし、頻度は低くても脳は極めて重要な臓器ですから十分に留意しなければならないと思いますが、小病変を検出するにはCTでは困難でMRIなど特殊な検査が必要になります。

コン平さん

現在、脳転移し、全能照射の治療を始めたところです。
悔いても仕方ないので、頑張ります。
ハーセプチンを使用している患者の脳定期検査を標準治療にしたら良いのに・・・

hero2005 先生

乳がんではないのですが、脳の定期的なCT検査していたにもかかわらず、歩行困難な症状がでて転移が診断された症例を経験しております。

小脳から延髄にかけての転移で、CTでは撮影されていない部分でした。MRIが予約しても検査まで2ヶ月もかかる時代でした。MRIをとっていればカバーできたかもしれないとも思って反省しております。幸いにして孤立性のためガンマナイフによる治療が奏功しました。

転移はその場所を検査しないと診断できないという、当然のことを認識しての検査が重要です。今後の治療が奏功することを祈っております。頑張ってください。

コン平さん

先生方のおっしゃる通りだと思います。
放射線治療4日目。暑さも重なり、体に少し元気が出なくなしましたが、頑張ります。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

また、医師の落ち度についてですが、医師も完全ではありません。当然、落ち度もありますし、残念ながら誤診、ミスも時折見受けられます。大切なのはそこにいたる過程でしょう。ともに治療、検査を十分な説明のもとに行なったうえでの落ち度、ミスならば納得される患者さんもいらっしゃるでしょうし、説明が不十分ななかでの落ち度であれば問題です。コン平さんは、これまでに受けた治療、検査、主治医との信頼関係のすべてを見直してみてください。それでも納得がいかなければ、病院側にきちんとした説明を受けるべきです。

コン平さん

今の主治医は、「この医療機関は教育機関でもあり、たくさんの医局員を迎えている。しかし、そこにいる先生方のフォローの下、又、先生方の連携で治療を進めていっている。」と当然のお話でした。その時その時で、コンペ自身も納得はしていたのですが・・・患者も大いに勉強しなくてはいけませんね。
頑張りす。有り難うございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

確かに、頭部CTを撮影していなかったのには問題があるかもしれません。今さら、と思わず、ここまでの経過、頭部CTを撮影しなかった理由について説明を求めてみてはいかがでしょうか?悔しい思いを抱えたままよりは少しましかもしれません。

コン平さん

なぜ!
最初に担当医に言った言葉です。
医局の先生で、戻ってしまい、今回3人目です。今の担当はとてもメンタル面でも救われます。これから、がんセンターで全能照射を始めますが、頑張ります。

仁 先生
呼吸器科

仁 先生

検査しようがしまいが、転移はおこります。見つかるのが早かろうが遅かろうが治療は放射線です。脳の症状が出なければ治療をしないことがほとんどだと思います。悔しいかもしれませんが、頭のCTをとっていても脳転移は見つかったでしょう。

コン平さん

先生のおっしゃるとおりです。
放射線科の先生に、この状態を聞いたところ、
遡れば、最初の乳がんの時にすでに、脳はCTもMRIも映っていなかっただけかもしれないが、がん細胞があったのでは・・・と言われました。
でも、治療続けます。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。