Q

血管れん縮狭心症

一年前に胸痛を自覚し、心電図からカテーテル検査まで受けて診断されました。薬を飲むと血圧が下がり内服が使えません。しかし、ここ数日毎日発作が起こります。ミオコールを使って対処していますが、やはり血圧が下がり起き上がれない日が多いです。薬以外の治療方法がないでしょうか。

質問者:みこ さん

血管心臓医 先生
循環器内科

血管心臓医 先生

まず、冠れん縮性狭心症(=血管れん縮性狭心症)に、典型的なものと、非典型的なものがあり、これで対応が異なります。

典型的なものはカテーテル検査で誘発試験により局所的で明瞭なれん縮が起きるもので、硝酸剤などが著効します。
非典型的なものでは、冠動脈がなんとなく全般的に誘発試験で狭くなるもので、症状はニトログリセリン(ミオコールもその一種)でスパッと効かなかったり不明瞭な胸痛の場合があります。あるいは中途半端に冠動脈がれん縮したことで、きっとこれが原因だろう、と血管れん縮性狭心症と決めつけられることもあります。

薬剤には、カルシウム拮抗剤、硝酸剤、複合剤が代表で、飲み薬の他に貼り薬もあります。貼り薬では多くの場合血圧は下がりません。ビタミンE療法が有効なこともあります。全ての系統の薬を試されたのでしょうか?いろいろ試すと副作用のでない薬剤にたどり着くことができる場合が多いのですが。
交感神経節遮断というペインクリニック(麻酔)治療も有効という話を聞いたことがありますが、私は経験がないので効果についてはわかりません。
非典型例では、精神安定剤などが著効することがあります。これも血圧低下はほとんどみられません。試してみる価値はあります。

また、症状が狭心症のためでなく血圧低下が逆に原因であったことが判明したり、狭心症と無関係の(あるいは関係した)不整脈が原因であったり、逆流性食道炎であったなど、カテーテル検査で血管れん縮性狭心症と診断されたばかりに、他の病気(あるいは本当の原因)を見落とされることもあります。これは、先に述べた非典型的な冠れん縮性狭心症の場合によくあります。他の医師のセカンドオピニオンを求められるのがよいかもしれません。

冠れん縮性狭心症は、タバコ、アルコール(よく飲酒後の翌朝に頻発します)、ストレスなどでも誘発されます。規則正しく、適度な運動をおこなうことで発作が減ることもあります。

みこさん

誘発試験は受けていません。血管造影で病変がなく、発作でミオコール5プッシュでもすっきりしなかった時に受診した際の心電図でST低下が著名であり、ニトロール注射で戻った事、そして発作がぐっすり眠った明け方であることから診断されました。薬は、ヘルベッサーR、シグマート、テノーミン、ワソランで血圧低下、デパス、セディールでは発作の頻度も痛さも変わらず、フランドルテープはかぶれで眠っているうちにはがしてしまうのでダメでした。ペインクリニックで星状神経ブロックも受けましたがショックになってしまいました。
今後、結婚、出産を安定した状態でしたいので、セカンドオピニオンについて考えてみます。ご丁寧なお答えをありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。