Q

糖尿病性網膜症について

乳がん術後糖尿病性変性レベル1の変性ありレーザー治療のタイミングを逃がさぬ為A1cは6.4以下保持と。その後A1cは2年間平均5.8保持。病院変更後糖尿病性変性は観られず、77歳の年齢的変化はあり。
前の眼科では半年1回の検診、今度の眼科では一年一回
でよいと言われたが糖尿病性変性と年齢的変化おか?とはどうちがうのか?
医師によって診断の違いは、何によって異なるのですか

お伺いいたします。

質問者:林 文子 さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

血糖値のコントロールは非常にうまくいっておられるようですね。
糖尿病性網膜症の診断は、血糖値のような数字で線がしっかり引けるものとは違って、人間の目で見て形態で診断する事になります。ですから、一定の基準を設けていても多少のばらつきが出てくる・・つまり分類という事になりますと、同じ物を見ていても違う診断になってくる部分はどうしても出てきてしまいます。そのばらつきが限りなく少なくなるように分類は作られて、検証されるのですが、100%はやはり不可能なのです。
現時点では、糖尿病性網膜症は「ない」または「非常に軽微」のあたりにあるという理解で、血糖のコントロールが今のような状態であれば、定期検診でよいのではないかという事だと思います。

林 文子さん

有難う御座いました

Ordinary Dr.K 先生
眼科

Ordinary Dr.K 先生

糖尿病網膜症に典型的な変化として、小さな血管のこぶ、むくみ、白い斑点、出血などがあげられますが、これらは、年齢の変化として見られることはありません。

網膜症は軽症であれば治ることもあるので、ある程度期間が空いていれば、違う診断になってもおかしくありません。(小さな出血の見落とし、という可能性もありますが。)

現在、糖尿病性の変化が無いということなので、血糖コントロールが良好ならば半年から1年に1度の検査で十分だと思います。

この期間のばらつきは医者側の慎重度によってもかわりますので、必ずしも網膜症の重症度と比例する訳ではありません。

林 文子さん

有難うございました。

インスリン担当医も納得して下さいました。

ランタス 超速効1ンスリン 併用でA1cは2.5年間
平均5.8なのでインスリン担当医もおかしいねと言っておられましt。

林 文子さん

有難うございました。

インスリン担当のDr.も納得して下さいmした。

林 文子さん

有難うございました。

よくわかりました。

秋山 森之進 先生
一般内科

秋山 森之進 先生

糖尿病による血管・網膜の変化は,血糖調節が良いと防止できるだけでなく,軽い変化なら回復します。それに対して年齢による変化は,例え完璧な治療をしていても毎年確実に進行します。治療に関係なく皆さんが平等に発症・進行するものです。

網膜症は,軽症だったものが治療で改善した可能性と,正常と軽症の境界くらいの状態(=どちらと言っても良い)がたまたま別の表現をされた可能性,の2つが考えられます。年齢的変化は,皆平等に起きるので,前医はいちいち指摘しなかったのではないでしょうか。

林 文子さん

ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。