Q

食道癌について

父(62)が食道癌です。
発見された時点ですでに周辺のリンパ節まで浸潤しており、大動脈を圧迫しているということで手術よりも放射線と化学療法を併用して治療を行うことにしました。
放射線は一ヶ月くらい、抗がん剤は5-FUとネダプラチン、シスプラチンを組み合わせて使用したのですが、治療の途中で肝臓への転移も見つかってしまいました。
医師の説明では放射線があたっている部分は進行が抑えられているようだが、抗がん剤が効いていないという事でした。
次の治療としてドセタキセルを使用するということです。
自分で調べられる限りでは治療法は間違っていないようにも思うのですが、ここまでの治療で良い結果が全くでていないので、セカンドオピニオンも考えていますが、何を基準に病院を選んでよいのかわかりません。どなたかアドバイスをお願いします。

質問者:Ocho さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

食道癌は放射線治療の感受性(有効性)が高く、特に抗がん剤との併用(同時投与)では高い有効率が得られます。大動脈周囲に進展している場合は放射線、抗がん剤の併用療法で開始し、その効果を判定して次の治療(手術、抗がん剤など)を決定します。お父さんの場合は肝臓に転移が認められたため、肝臓にも効果の期待できるドセタキセルが選択されたのでしょう。薬剤の選択には個人的には賛成です。セカンドオピニオンを選択する場合は食道癌手術を多く行っている施設(症例数が多いので)での治療方針を聞いてみるのはいかがでしょう。例えば同じ抗がん剤にしても投与方法(投与量、投与間隔、投与サイクル)が異なります。

Ochoさん

後悔はしたくないのでより多くの患者さんを診ている先生の意見も聞いて見たいと思っております。現在は抗がん剤のことばかり考えていましたので、手術数には目を向けていませんでした。参考になります。
お忙しい中返信いただき有難うございます。

tora 先生
一般内科

tora 先生

私も,治療の選択肢としては適切なものと考えます.セカンドオピニオンもよろしいかと思いますが,現時点で科学的根拠をもって,飛躍的に効く治療があるわけではないですし,今の主治医の元でのこれまでの治療経過や抗がん剤の使用した際の副作用などを考慮したさじかげんの経験値などを考えると,現時点で他院に移られる事に大きなメリットはないのではないでしょうか.

Ochoさん

セカンドオピニオンはいろんな先生の意見を聞きたいという思いが第一で、病院を移る事は今のところ考えていません。ここまでの治療では目立った効果は出ていないものの、方針としては標準的なものだったと思っております。ただ、今後についてはもっと情報が欲しいと思っています。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

ゆっくりと、治療方針、病院を選んでいる時間はないと考えてください。お父様はかなり危機的状況にありますので、治療方針を相談する場合も早めの相談が必要でしょう。食道癌の進行度としてはかなり進行しておりあらゆる治療に抵抗する可能性があります。治療方針の検討と同時に、お父様にいかなる最期を迎えていただくか、という話し合いも同じくらい重要でしょう。

Ochoさん

危機的な状況にあることは理解しています。
ただ、最期を迎えるとか、やはりそこまではまだ考えきれません。治療の可能性をさがしたいと思っています。

Karenさん

昨年の1月に
近所に住む叔母(母の妹)を食道ガンで亡くしました。

病気が発見されてからあっという間でした。
その間叔母の家族も私たち家族も悩み、苦しみ、
本当に辛い時を過ごしました。
諦められず、丸山ワクチンを使ってくれる病院を探して入院させ、
医師に相談のうえできのこやエキス等の民間療法にも頼りました。

最後まで諦められないというその気持ち、
本当に心から理解できます。
月並みな言葉ですが、頑張ってください。
ただその頑張りが家族の満足の為だけになっていないか
何度も省みてください。

へたれ循環器専門医 先生
循環器内科

へたれ循環器専門医 先生

治療をすれば、必ず良い結果がでるわけではありません。主治医の先生の治療も、私は門外漢ながら適切なもののように思えます。むしろ、今後も今の延長線上で治療を続けるのか、緩和医療に軸足を移すのか、などを主治医とご相談頂いた方が建設的である状態と見受けられます。事実を受け入れることも必要かと思います。

Ochoさん

自分で色々と調べているのですが、
抗がん剤の投与量などは医師の経験値にもよるといわれています。やはり後悔はしたくないのでより多くの患者さんを診ている先生の意見も聞いて見たいと今は思っております。
お忙しい中返信いただき感謝いたします。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。