Q

Ca拮抗剤

はじめまして、宜しくお願いします。
中堅薬剤師です。
ある処方箋に、アダラートCRとコニールが処方されていた為、Drに確認した所、「Caチャネルが違うんだよ!チャネルにも色々あるからね。」と言う返事でした。
L型・N型・T型などがあるのは、知っていたので調べてみると、どちらも主なチャネルは、L型でした。
他の違いがあるのでしょうか?

質問者:けら子 さん

三次 先生
循環器科

三次 先生

どちらもジヒドロピリジン系のCa拮抗薬で大きな違いはないと思います。

狭心症や不整脈と高血圧の合併した患者さんで、非ジヒドロピリジン系のヘルベッサーやワソランとジヒドロピリジン系の薬剤を併用することはありますが、同じジヒドロピリジン系の薬剤を2剤以上併用することは、少なくとも私はありません。

わかりやすく説明する医師 先生
一般内科

わかりやすく説明する医師 先生

Ca拮抗剤どうし違いがありますが、2種類使う事は普通ないです。ARBなどの他のグループの降圧剤を使うのが普通だと思います。高血圧の治療ガイドラインを知らない医者かもしれません。高血圧の治療ガイドラインにそって治療するのが基本です。

けら子さん

各先生方、色々なご意見ありがとうございました。
2種類のジヒドロピリジン系Ca拮抗剤を併用という認識がなかったのが、本音です。
メーカーに問い合わせても、1剤増量よりも2剤併用の方が効果が良いとの回答もありました。
(補足)
先ほどの患者さんは、
HDを受けられている患者さんで、1日にレニベース10mg・カルデナリン4mg・コニール8mg・ディオバン160mg・アダラートCR60mgを服用されています。

他剤併用していても血圧コントロール不良なので、Ca拮抗剤2剤併用なのだと思います。

赤ひげ 先生

カルシウム拮抗剤2剤併用についてはどの先生もほぼ同じような意見ですね。私もほぼ他の先生方と同意見です。
私はこの高血圧患者さんの高血圧の問題点について考察してみたいと思います。
透析患者さんということですが、使用している降圧剤はかなり多いですね。
このような場合、患者さんの水分管理に問題があるか、医療側の透析条件(特に基準体重について)の見直しが必要であることが問題解決のための糸口としては多いように思います。
心胸比や下大静脈径を測定するなどして、透析患者さんとしての根本的な問題点が十分コントロールされているのか見直されたらいかがでしょうか?
少し本論からそれましたが。この患者さんの場合Caチャネルがどうのこうのというレベル以外のところに血圧がコントロールできていない問題点があるように思いましたので、意見を述べさせていただきました。

へたれ循環器専門医 先生

併用しませんでしょ。似たような薬ですから。
コントロール不良の異型狭心症の患者さんで2種併用の報告はありますが、気になることはレニベースは腎代謝だった気が?HDを受けられている患者さんならエースコール辺りの肝代謝のACEIの方が良い気がするが?

血管心臓医 先生

まず他の先生が書かれているように血液透析の管理が適切にできているという前提が必要なのですが、カルシウム拮抗剤の使用について私見を述べます。

血液透析の方の血圧管理は非常に難しいものです。非透析日から透析開始時に200くらいでも、透析終了時には100を切り除水困難、立ちくらみもひどい。しかも透析間の体重増加も2kg程度。エコーなどで水分量の評価をしても問題ない。これは典型的な透析患者さんや大動脈炎の方での血管のコンプライアンスが顕著に低い場合にみられる血圧管理困難な状況です。
このような方では必然的に種々の系統の薬剤を、透析で抜けるかとか作用時間を考え、透析日、非透析日に分けて時間差で使用する、などピンポイントの血圧管理が必要なことが多くなります。このような状況でやはり最も良く効くのはジヒドロピリジン系のカルシウム拮抗剤です。透析が午前か午後かにもよりますが、患者さんによっては、午前中から透析前の血圧のみを下げて、透析中には降圧剤の効果がもう無くなっている、というような半減期を考慮した技を使ってコントロールしていかないといけない場合もあり、コニールとアダラートCRといった組み合わせも、やむを得ない場合が少なくありません。
この書き込みを見る限りでは、担当の先生は非常に苦労して血圧管理を行っておられるか、逆に何も考えずに薬を重ねていっておられるか、判断は付きませんが、理論的な薬効だけで薬剤を選択できるものではないのが現実の診療です。考え抜いた処方について、多忙な外来中に疑義問い合わせがきたら、ぶっきらぼうな返事しかできない場合もあります。まずは、時間の余裕のあるときに、その先生がいかに血圧管理に苦労されているかを尋ねてみられたらいかがでしょう。他の先生方のように、このような使い方をすることはほとんどない、という前提でお話をもちかけように。透析患者さんの血圧管理を真剣にされている先生方の苦労は、並大抵ではありません。だからそれだけで、もうパートナーとして今後仕事を共有できなくなりますから。

けら子さん

透析患者さんの血圧コントロールの難しさがよく解りました。確かに、非透析日のみ服用させているケースも見られました。
機会があれば、その辺のところを聞いてみようと思います。
詳しい説明、ありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

アダラートは第一世代で作用時間が短く、コニールは第二世代で作用時間が長いという特徴があり、その点で併用しているのでしょうか?薬剤師として、もう少し詳しくDrに説明を求めてみてはいかがでしょうか?よりよい連携の第一歩として。

K.K 先生
精神科

K.K 先生

腎糸球体の輸出細動脈拡張による降圧作用があるのではないでしょうか?他にカルスロット(マニジピン)、アテレックやシナロング(シルニジピン)にも同様の作用があったと思います。

ryre 先生
一般内科

ryre 先生

それほど、チャネルに関しても違いがないと思います。
ランデル(エホニジピン)はT型がメインですが。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。