Q

嚥下障害について

5年くらい前からなのですが、食べ物が喉に詰まり吐いてしまうことが度々起こります。昼食・夕食時が多く、朝食ではほとんど起こりません。
3年前と今年の3月に耳鼻咽頭科に行き、ファイバースコープで喉の様子を診て頂きましたが、弁の動きが多少速いが問題なし、その他異常はありませんよとのこと。
喉に多少イガイガ感がある程度で、体重は変化ありません。
良い対処方法や改善方法があったら教えて下さい。

質問者:kony さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

嚥下障害は,口腔から食道の間の通過障害,あるいは運動機能障害によって生じます。口腔部、咽頭部、食道部嚥下障害などに区分されますが、耳鼻科での診察結果から考えると口腔部、咽頭部の嚥下障害は否定できると思います。従って、食道部の嚥下障害が最も疑われることになりますが、5年くらい前からの経過をからは、悪性腫瘍ではなく食道痙攣やアカラシア(食道下端の筋肉が広がりにくくなるために食物の通過障害が生じる)などが考えられます。それ以外には、食道外部の臓器(縦隔の腫瘍や大動脈瘤)の食道圧排も考えられます。原因が判明しない場合として心身症による嚥下困難もありますが、消化器内科で胃カメラ、胃透視、胸部レントゲンの検査を受けることで原因が判明できるのではないでしょうか。

tora 先生
一般内科

tora 先生

嚥下障害はいろんな原因で起こってきます。耳鼻科の診療で問題がないようでしたら、飲み込みに関わる部分の腫瘍や炎症、そのあたりを支配する神経系の異常はないという事でしょうね。ただ、もう少し奥の方の食道については耳鼻科では十分に見えないと思いますので、内科、消化器科などでも一度診察を受けてみられてはいかがでしょうか。5年もつづいていて、どんどん症状が強くなっているわけでなければ、腫瘍性の病気というわけではなさそうに思いますが、食道の動き、機能に異常をきたすような病気もあります。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

胃、食道からの嘔吐ではなく、のどに詰まらせる場合、やはり耳鼻咽喉科で専門的な検査が必要です。嚥下造影では口の中からのみこみ、えんげの過程を撮影して、どこに問題があるかをはっきりさせることができます。また、消化器内科受診による胃カメラも行なうことである程度の診断がはっきりするでしょう。えんげ造影のできる耳鼻咽喉科を受診してください。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。