人工関節にするべきかどうかについて

lock有料会員限定

妹が20代前半から慢性関節リウマチかのう胞性乾癬か、と、医師も判断しにくい状態で、36歳の現在ではリウマチだろうと言われています。東京の大病院で継続治療しています。
ステロイドや金、抗がん剤などいろいろ試されて、現在では免疫抑制剤を飲んでいますがいつも痛いようです。最近、両腕が90度しかまがらなくなり、リウマチで軟骨がとけてしまったといわれました。医師に人工関節の手術をするか、そのままにするか、自分で決めるようにいわれました。もし60歳過ぎならすぐ手術だが若いからねえ、と、いわれたそうです。
妹は、膝が痛かったときも1年くらいがまんしたら今はあまりいたくなくなったから、ひじも手術はしたくないといっています。私なりに医学書などをみても、その判断がいいのかわるいのかよくわかりません。人工関節にするかどうか、というのは、自分の責任で判断するものなのでしょうか。今手術しなければ、いつか、もっといい方法がでてくるから、それまでがまんする、ということなのでしょうか。
教えてください。

person_outlineアップルさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師