Q

病院って

病院の医療誤診の弁護士って強いですか。結局病院わ力があるからもみくちゃにされておわりですね。いざとなると人情とかなくなるもんですか?医療ミスされたんですが、辛く悩んでるのわ私たちだけです。弁護士いれられて弁護士にお任せなんてひどいです。少なくともここにおられる先生方わ、そうゆう病院にわしないでください。

質問者:リン さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

医療ミスからトラブルになった経験はないので、はっきりしたことはいえませんが、病院側が弁護士に依頼はすると思います。しかし、お任せで終わりではなく、ある程度の話し合いは持つべきでしょう。しかし、実際には訴訟になった場合、そういった話し合いで医療ミスの責任、否について病院側が簡単にコメントできないのも事実です。訴訟になれば、病院も医師もある程度、病院、自分を守ろうとするため、患者さんに簡単に謝罪できない、という部分もあるのかもしれません。ですが、人情がなくなるわけではありません。病院、医師側に責任があればきちんと謝罪し、そういった弁護士、訴訟につながらずにすむケースがほとんどでしょう。人情をなくしてすぐに弁護士に頼ったりする場合にやはりご家族の理解を得られずに訴訟になるのではないか?と思っております。リンさんの相手の病院、医師からもきちんとした説明がなされるべきだと思います。

リンさん

謝罪わもらいましたが医師だけで院長からわなにもなく。賠償金わ払うとの約束です。医師からわ説明不足、早まった診断したと自分が悪いと認めていますが、弁護士を入れられました。やはり自分をまもってますよね??マスコミ等かんがえてます

血管心臓医 先生

医療事故に関して、大学病院の医療事故評価委員、患者さん側から(患者の味方として)、医師側から、そして裁判所から鑑定を依頼された経験に即して、医療事故後の流れ・対応を簡単にご説明しましょう(実際の現場は非常に複雑です)。重要なことは、医学的な判断と感情的な判断を混同してはいけない、ということです。

まずミスが明らかなら担当医から謝罪があります。多くは管理者も責任を負うので、事故の程度次第では院長も話し合いの機会を持ちます。
医療者がミスを認めるとまずは示談になります。賠償金などを医師は判断できませんから当然、弁護士が入ります。交通事故で保険屋さんが入るのと同じです。ここでどのように謝罪するかと、どのように補償するかは別問題です。これを混同してはいけません。補償(賠償)は医師が冒したミスに応じて判断されます。

被害者がその示談に納得できなければ、訴訟の準備に入ります。つまり弁護士に依頼し、弁護士もしばしば医学的知識は乏しいので、専門医に鑑定を依頼します。専門医は妥当な範囲で最大限患者の味方としてアドバイスします。同業者だから相手の医師に甘くなることはありません。むしろ、診断の時点では結果が見えていないけれども訴訟の時には結果がわかっているので、なぜこのような結果になるのが予測できなかったか、とミスを犯した医師にとっては厳しい判断がされることが普通です。その意味では安心して任されて良いでしょう。
弁護士と依頼された医師は訴訟の勝ち目を判断します。被害者からの依頼は、医学・法学的判断ではなく、しばしば感情的判断(納得できない、謝り方が悪い、後遺症が残っているのに治してくれない、など)で訴訟の相談を受けるため、裁判では(医学的・法学的根拠に基づいて判断されると)病院側が正当な対応を既にしていて勝てないと判断されることが多いものです。訴訟に勝てなくても弁護士は相応の報酬を得ますから、勝ち目が少なくても訴訟になるケースも少なくありません。

書き込まれているように、マスコミに駆け込んでも無駄どころか危険です。というのは、新聞・雑誌も正確な裏を取らなければ記事にはしません。個人情報を集めるために(厳重に管理された診療情報を的確に集めるのは不可能に近く新聞記者も医学的知識はほとんどないため)大変な作業になりますし、単発の医療事故はニュースバリューが低く、また多くの場合、病院はすでに必要な対処をとっているので、むやみに不正確な記事を書いて病院から名誉毀損で訴えられたら、マスコミ側はとんでもない賠償をしなければならない。そのための裁判費用やリスクはばかにならないからです。
同様に、インターネットなどの書き込みが流行していますが、「医学的に適切でない、感情から」病院を中傷すると、その途端に今度はあなたが訴えられる側に回りかねません。そうなると、あなたは高いお金を払って弁護士を雇い、自分の発言が医学的・法的に正当であったことを裁判所で証明すべき立場になります。そこでその発言が不適切であったと判断されたら本来の医療事故で受け取るべき賠償金すらあやしくなります。

要は、社会のルールを守る、ということです。社会のルールは弱者のためにあります。ただ弱者である医療事故の被害者が、どのようにして自分を守るためのルールがどういうものであるかを知る機会が少ない、あるいはない、ことが問題です。医師や病院が自分を守るのも当然の行為なのです。患者さんも弁護士になじみがないのに、病院側は専門の弁護士で武装して、と不愉快になられることと思います。法学部や弁護士会で無料相談などがありますから積極的に利用してください。他の病院の医師に相談する手もあります。その際に、全てご存じの経過を紙に書いてから相談されるのがよいでしょう。このサイトに返事を書いておられる先生方の発言を見てもわかるように、セカンドオピニオンを求められる大部分の医師は、その患者さんの担当医が十分に説明してくれない、などの苦情に対し、患者側に立って丁寧に対応してくれるものです。ただ、感情論だけで話をされても逆効果なのは、人生のどのような相談を受ける・する場合でも同じであることはおわかりでしょう。事実関係を明確にすることから始めて下さい。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。