Q

生理がきません

避妊薬を飲み始めました。韓国在住なのですが、その薬は21日間飲み続け、7日間休むというものです。期間中飲み忘れた事が6回ほどありました。そして、その後2週間以上生理がきていません。避妊薬を飲む前は、28日周期でほぼ確実にきてました。この生理がきていない状態は異常なのでしょうか?また2度目の避妊薬はいつから飲んだらいいのでしょうか?もしずーと生理がこなかったら排卵されていない状態なのでしょうか?是非教えてください。

質問者:リエ さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

通常、予定生理の5日前から7日前すなわち黄体期後半から延長を希望する日まで卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤を1日1錠服用し続けることによって予定生理を遅らせる方法をとります。ピルの投与中止後数日間で消退出血(延長した生理に相当)が開始します。この方法の利点はきちんと服用すれば効果は確実であり、すなわち確実に生理を延長させることができます。しかし、服用忘れを起こしやすく、また吐き気などの副作用があっても我慢しなければならない点が問題です。服用を忘れると効果が不確実になり消退出血が起こるので、連日ほぼ一定の時刻に服用しなければなりません。消退出血はありませんでしたか?服用忘れに気づいた場合にはその時点で直ちに忘れた分を服用し、その日の服用分は変更することなく定時に服用する必要があります。

現在は避妊薬の効果が不十分で、月経不順になっているのでしょう。次の避妊薬はいつ内服したらいいでしょうか?まずは排卵日を推定しなければいけません。ほとんどの女性では、月経の始まる約14日前に排卵があります。排卵があるか、またいつ起きているかを知る目的で、安静時の体温(基礎体温)を毎日測定してみてください。基礎体温の測定には、目覚めた直後が最も適しています。基礎体温が低くなるのが、排卵が近づいた徴候です。排卵が起こると、体温が0.5度以上上昇します。ただし、こうした基礎体温の変動は排卵が起こる時期を正確に示すとは限らず、その精度はおおむね、予測排卵日から前後2日以内に排卵が起こるという程度です。排卵をより正確に知るには、超音波検査や排卵検査薬(排卵前24〜36時間にみられる尿中の黄体形成ホルモンの増加を調べるもの)があります。この検査薬は家庭での使用が可能で、数日間連続して尿を検査します。血液や唾液の中のプロゲステロン値や、尿中に排出されるプロゲステロンの副産物の値なども測定することがあります。これらの値が大きく上昇していれば排卵が起きたとみられます。

排卵が正常に起きていることを確認するため、子宮内膜の生検を行うこともあります。排卵が起きたと考えられる日の10〜12日後に子宮内膜から少量の組織を採取し、顕微鏡で調べます。排卵後の正常な変化が認められれば、排卵が正常に起きたことがわかります。正常な変化が遅れている場合は、プロゲステロンがうまく分泌されていないか、正常に作用していない可能性があります。

とはいえ、避妊薬の効果も不十分で、今後の避妊薬の使用のタイミングも難しいでしょうから、やはりかかりつけの産婦人科で早めに相談されたほうがいいと思います。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

おのみになったピルの種類にもよりますが、6回忘れても不正出血がおこらないことから、低用量ピルである可能性が高いと思われます。

低用量ピルには、そのホルモン量の配合のしかたで、一相性・二相性・三相性と三種類にわけられます。二相性・三相性の場合には、きっちり、予定どうりの順番にのまないと自然の月経周期に似せている利点が失われます。

今回のご相談者の場合には、二つのケースが考えられます。
(1)妊娠
低用量ピルは2回連続して飲み忘れると、時期によっては妊娠する可能性が出てきます。
(2)のみ忘れたくすりの黄体ホルモン作用が弱すぎた。
外国の超低用量ピル(一相性)の場合には、きちんとのんでも生理(消退性出血)が起こらない場合がしばしば見られます。ましてや、6回ものみわすれたら、ホルモン量の絶対量が不足してきます。二相性・三相性ののむ順をまちがえると、のみのこしが黄体ホルモンであるとすれば、生理(消退性出血)が起こらない可能性があります。

今後の方針は
(1)まずは、妊娠の否定
6回ものみ忘れたら、完全な避妊効果は期待できません。
(2)妊娠が否定されたたら
きっちりとホルモン剤による治療により、生理(消退性出血)を起こした後の避妊薬の再開です。

hero2005 先生

待ち続けるのもいいのですが結論を早く得るためには

(1)妊娠反応を調べる
妊娠していたら、それに対応する。(ご本人の希望にそって)

(2)妊娠反応陰性なら
妊娠している可能性は間隔をあけての再検によって否定できます。が、黄体ホルモンの単独投与をおこなって出血が起こるかどうかをみれば、診断と治療が同時に出来ます。妊娠していても妊娠継続には問題を生じません。

(3)出血がおこれば
ピルの再開をおこなう

(4)出血なければ
妊娠反応を再度行い、妊娠なら(1)の対応を。妊娠していなければ卵胞ホルモン・黄体ホルモンの合剤(治療用の中用量ピル)、あるいはカウフマン療法による生理(消退出血)を起こして、ピルの再開をおこなう。

いずれにせよ、病院受診が必須です。

リエさん

旧お盆の行事でまだ何の対応も出来てません。
生理予定日が9/2で未だに生理が来てません。正直妊娠は望んでいません。8月中は月初めに性交渉が1,2度あっただけなので妊娠とは思えないのですが、もし妊娠だったらと思うと不安です。
病院に行くのにためらいがあるので、妊娠検査薬でまずは確認しようと思います。その結果を見て、ご支持に従いその後の対応をしていきたいと思います。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。