Q

足の裏

寝ている時は問題ないのですが、歩く時に体重がかかると左足の土踏まずの前のところ(指の付け根との間の平らなところ)が痛い状況が、3週間ぐらい続いています。触った感触では右左で大きな差は感じられず、腫れている感じもありません。指で押しても痛いという感じはしません。どうしてなのか、よくわからないのですが、どうすればよいか教えていただけると幸いです。

質問者:なると さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

足底筋膜炎でしょうか。足底筋膜炎とは、足底腱膜が何らかの原因で炎症を起こして痛みなどをもたらす疾患を言います。原因としては、スポーツ活動や作業、肥満などによる足底腱膜への慢性的な刺激が考えられます。

症状は起床時の第一歩目の踵の痛みです。痛みは歩行するに連れ、次第に軽くなるのが特徴です。しかし、慢性化すると歩行中にも痛みを訴えます。レントゲン検査では特徴的な異常所見を認めませんが、時に踵骨棘(かかとの骨のとげ)を認めることがあります。

治療は原因と考えられるスポーツ活動や作業を一次中止させます。痛みに対しては基本的な痛みの治療に則り、非ステロイド系抗炎症剤を処方し、リハビリテーションとしては温熱療法や軟膏剤を使用してマッサージやストレッチを指導します。頑固な症例では注射療法を試みます。

慢性化した症例や再発を繰り返す症例、スポーツ活動への早期復帰を望まれる症例では装具療法として足底板の装着を検討します。(足底板とは、疼痛部に体重がかからないようにする靴底です)。これらの保存的治療(手術しない方法)で改善の得られない症例では足底腱膜切離術や骨棘切除術を行ないます。

まずは、整形外科を受診しましょう。

waterfall 先生
整形外科

waterfall 先生

土踏まずの前の痛みは、足の趾の付け根の関節の部分の痛みと思います。
足の長軸方向と短軸方向の骨のアーチが支えられなくなると、外反母趾になったり、平べったい足になったりして、2、3本目の指の付け根の関節に体重がかかり、痛くなることがあります。そこに魚の目とかタコが出来ていませんか?
女性であればハイヒールをよく履く方にみられやすいです。
足底の筋力が低下してきたりするのもひとつの原因ですので、足の裏の筋肉を動かす運動(床に置いたタオルを趾でたぐり寄せたり、趾でのグーチョキパー運動)がお勧めです。土踏まずや第2,3中足骨を下から持ち上げるパッドや足底板なども有用です。
クッションのあるゆとりのある靴を履いて、整形外科を受診しましょう。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。