Q

妊娠中の関節痛について

現在妊娠17週です。
4日ほど前に激しい腰痛になりました。
前回の妊娠で似たような痛みが出た時、「腎結石」の診断で治療を受けたことがあります。
今回も似たような痛みだったので、至急診察して貰ったのですが、エコーにも石が映らず、確定診断は出なかったのですが、ひとまず安静を条件に家へ帰ってきました。

そのうち、痛みの部位が「仙腸関節」とあと、腰骨の一番高い所、(腸骨上部)である事がはっきりしてきました。
実は10年ほど前に臼蓋形成不全で、腸骨を使って股関節に屋根を作る手術をしています。
体重が増えてしまった事でこれらの関節にダメージが増えてしまっているのでしょうか。

また、妊娠してから、かねてよりあった左の手間接の痛みが更に激しく、少し回外するだけで何かが引っ掛かっているような運動制限と、併せて痛みを感じるようになりました。

妊娠すると関節がゆるくなると何かで聞いたような気がして、そんな体調の変化のひとつとして、あまり深刻に取らなくても大丈夫なものでしょうか。

以前は病院で働いていたのですが、休んで家にいると、自分の体へ意識が向きやすくて、心配事が増えてしまっています。

お返事、よろしくお願いいたします。

質問者:まったり母さん さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

左手の問題は手根管症候群かもしれません。手根管症候群は、手首を通っている正中神経が圧迫されて痛みを生じる病気です。

手根管症候群は、正中神経が圧迫されることによって起こります。正中神経は、手首の手のひら側の手根管と呼ばれる部位を通っており、手の親指側に分岐しています。腫れを起こすなど、さまざまな理由で線維組織の束により手根管が圧迫を受けます。

この病気は珍しいものではなく、特に女性に多く発症します。片手または両手に起こります。ねじ回しを使うときのように、手首を伸ばした状態で繰り返し力を入れる動作を要求される人は、特にリスクが高くなります。コンピューターのキーボードを使うときの姿勢が悪い場合も発症しやすくなります。振動する道具を長い間使用する場合にも手根管症候群を起こすことがあります。妊娠中の女性や、糖尿病、甲状腺機能の低下、痛風、関節リウマチのある人もこの病気のリスクが上昇しています。

正中神経が圧迫されることによって現れる症状は、親指、人差し指、中指の知覚異常、しびれ、ヒリヒリする感覚、痛みです。ときには腕や肩に痛み、熱感、ヒリヒリする感覚が生じます。就寝中の手の位置によっては、痛みがひどくなることもあります。時間とともに、動かさないでいる手の親指側の筋力が低下し、萎縮していきます。

診断は主に侵された手首と手の診察によります。手術の前に、手根管症候群が問題を起こしていることを確認するために、神経伝導試験を行います。

手首を伸ばしすぎないことと、正中神経を圧迫しないことが最善の治療です。手首用のそえ木で手を自然な位置に固定したり(特に夜間)、コンピューターのキーボードを適切な角度に調節することも有用です。基礎疾患の関節リウマチや甲状腺機能低下症などを治療すると、手根管症候群の症状が改善することもあります。

ステロイド懸濁液を手根管に注射すると長期にわたって症状が軽減します。痛みがひどい場合や筋萎縮や筋力低下が認められる場合は、手術で正中神経の圧迫を取り除くのが最適な方法です。外科医は正中神経を圧迫している線維組織を切り離します。

腰痛もあるようですし、整形外科を受診されてはいかがでしょうか?

まったり母さんさん

お忙しい中、いつもありがとうございます。
さっそく来週受診の予約を取りました。

それまでひとまず、左手の動きに注意して生活していきたいと思います。
もし、その診断がついたら、生まれてきた赤ちゃんの抱っこなどにも支障が出る可能性も考えて、それなりの準備を考えていく事になりますね…

とても参考になりました。
重ねて御礼申し上げます。

waterfall 先生
整形外科

waterfall 先生

文面を見る限り、腎結石や尿管結石でなければ、ただの腰痛のように思います。腰椎同士がつながっている後ろ側の椎間関節の痛みではないでしょうか?前かがみになったり立ち上がる時に前傾すると痛くはありませんか?筋肉の緊張が強くなって、筋筋膜性の腰痛症も伴うことがあります。臼蓋形成不全で手術されており、多少の体重変化は影響ないと思います。17週ということで、ふんぞり返るような姿勢をとる時期でもないようですので、おそらく急性腰痛症(いわゆるぎっくり腰)でしょう。もちろん椎間板ヘルニアとか椎間板の炎症などを否定する必要はありますが、X線検査も控えた方がよろしいのでまずは安静にして、痛みが引くのを待つのがいいのでは。
手関節部の痛みは、回外にて痛いということですので、手関節部の靭帯に傷がついたりする怪我ではないでしょうか?小指側の関節には複雑な靭帯があり、よく手を使う方に痛みが出ることがあります。治療は安静です。包帯を巻いて自分の視覚にも訴えて重いものを持ったりしないように。ひねる動作も控えてください。ドアノブ、蛇口など。また手をついて立ち上がるのも控えた方がよいでしょう。
妊娠で症状が出るほど関節が緩むわけではないですから、心配されなくても良いですよ。17週ですと、痛み止めくらいでしたら胎児に影響はないと考えてよいと思いますので、どうしても辛い時は鎮痛剤の服用をされてもいいと思います。貼り薬や塗り薬などは問題ありません。とにかく一度整形外科へ。
股関節のためにも、胎児やご自分の体のためにも体重増加は許容範囲内に収めるように努力してください。

まったり母さんさん

妊娠による関節症状ではない事を教えていただき、安心しました。まだ痛みは続いているのですが、ひとまず来週受診の予約を取りましたので、その時にまた相談しようと思います。

ひとまずそれまでは家にあるシップを張って、安静を心がけていますが、その分体重が増えないようにしなくてはいけませんね。
頑張ります。

お忙しい中、どうもありがとうございました。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

腰のいたみについて、血尿が潜血も含めて出ていないと結石の可能性は低いでしょう。

妊娠時の腰痛は、腰椎ヘルニアが関係していることがありますし、また、妊娠による体型変化で、背骨(腰椎・胸椎)の本来のカーブが強調されることより痛みが強くなることもあります。体重の過剰な増加はこれに拍車をかけます。どのくらいの体重で、どのくらいの増加があったのでしょうか。

手の痛みについては、「いち内科医」先生が書いておられるように「手根管症候群」の可能性を除外する必要があるでしょう。妊娠時にはよくみられる症状のひとつですが、多くは両手に軍手をはめたような感じで、指を曲げようとしてもまげれない、タオルをしぼる動作がやりにくいなどの症状として出現します。ただ、痛むのが手首の関節で、片側であるならば、すこし違うようにもおもわれます。手首であるならば、シップと安静が有効な場合が多いのですが。

まったり母さんさん

お忙しい中、2度もメッセージありがとうございました。
痛みのある関節は左の手首だけで、両手に軍手をはめたような感じや指が曲がらない、などの症状は見られません。

体重は65キロのから67キロになりました。

ひとまず来週受診の予約を取りましたので、詳しく見てもらおうと思います。

今、ちょっと気になったのですが、先生を含めてお二人の方が、手根管症候群は妊娠すると良く見られる症状と書いておいでになりますが、出産後は症状が消えるのでしょうか。
それとも出産後もそのまま、もしくは症状は進行するのでしょうか。

このことも重ねて受診で尋ねられるといいのですが、念のため、ご意見をいただけると安心です。

今回のお話しでかなり不安は解消する事が出来ました。
重ねて御礼申し上げます。

hero2005 先生

ただし、分娩後もかなり長期間持続するヒトもおられ、分娩後の一ヶ月検診でも消えていないヒトもおられます。しかし、妊娠をきっかけに起こったかたは、進行するかたは少なく、時間がかかってもやがて消失してゆきます。

手根管症候群は手の甲の部分の腱膜での圧迫が問題ですので、手首でそれも片方でしたら、可能性は低いと思います。

hero2005 先生

指のうごきがうまくいかない、しびれる、ものをつかむのに障害があるなど、おおに指の問題が多いです。

まったり母さんさん

horo2005先生、ありがとうございました。
手首の痛みの件、今回は当てはまらないようでしたが、今後の目安にしていきたいと思います。

とても助かりました。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

漢字変換は別として手関節と書いてあったので手首の関節と思っていたのですが手の指のことでしたら、話が変ってきます。手の指の関節でしたら、。。。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。