Q

子宮のついて

かかりつけの婦人科医に子宮が人より厚いと指摘され、エストロゲンの感受性が人より強いので病気ではないので気にしなくても良いと言われました。(子宮けい癌、体癌も受診済み)すぐ長期出張先で体調を崩し、婦人科を受診したところ、子宮が厚いので子宮内膜症だと言われすぐに治療方法を説明されました。あまりにもショックだったため治療をせずにそのままです。またかかりつけ医に受診しその旨を話すと、内膜症ではない、子宮筋腫もないとの事。生理痛も薬を1,2日目に飲むくらいの痛さです。かかりつけ医を信用したいのですが、インターネットでも子宮が厚い病気もあるようなのでちょっろ不安です。
ただの内診で子宮内膜症はわかるのでしょうか?
よろしくお願いします。

質問者:まく さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

子宮内膜症というのは「子宮内腔以外の場所に子宮内膜が生育している病気」ですから、身体のどこかに子宮内膜が生育している場所があることになります。すると、その場所でも子宮内腔で起こるのと同様に、毎月内膜が増殖と剥離出血を繰り返すことになります。
従って、その症状は、毎月月経期になると子宮内膜症が存在する場所でも内膜の剥離・出血があるということは、その場所でいわば内出血を起こすようなものですから当然それが痛みとして感じられることになります。子宮周辺あるいは子宮筋層内に内膜があれば、場合によって激痛を伴うような月経痛(生理痛)にもなりうるということになりますし、腹膜にあれば腹膜を刺激することで下腹部の痛みの他にも吐き気として、ダグラス窩にあれば肛門の方への痛みとして、膀胱子宮窩にあれば尿意を催した時の下腹部の痛みとして感じることになります。 また、毎月出血を繰り返すことが原因で、その部位で炎症を起こしたり組織間の癒着を起こしたりもしますから、結果として月経時以外でも月経時と同様の下腹部痛や腰痛を感じたり、尿意を催した時の下腹部痛、排便時痛、性交時痛、排卵痛、さらには性行為中に尿意を催すなどの症状としてとして現れるようになります。子宮内膜症かどうかを確定する診断には、厳密には腹腔鏡により骨盤内を直接観察することが必要です。しかしながら、腹腔鏡検査は手術操作によるものであり、子宮内膜症が疑われる患者さんすべてに実施するのは不可能ですので、一般的には問診、内診および超音波の所見から診断をします。通常は内診と超音波による方法だけで子宮内膜症と診断されている場合が最も多いと考えられます(正診率は75%程度といわれています)。以上のことから、婦人科を受診して「子宮内膜症です」との診断を受けたとしても、その正診率はだいたい75%、つまり4人のうち1人は内膜症ではないのに内膜症だと診断される可能性があるものなんだと理解をしておくことが必要です。一般的に子宮内膜症の程度を表すために用いられている分類には、Beecham分類(内診所見を中心とした臨床的分類)が用いられます。臨床進行期は1期から4期までに分類され、進行期が上がるのにしたがって病状も悪化していると判断されるものです。治療としては薬物療法、手術がありますが、手術は必要のない場合は薬物療法で、薬物療法には大きく2とうり(偽妊娠療法、偽閉経療法)あります。効果の強さ等から、多くの場合、偽閉経療法という方法が用いられます。

hero2005 先生

今回のご質問者のお尋ねでは子宮腺筋症(内性子宮内膜症)を疑っての話ですので、ご説明されている外性子宮内膜症の話はの質問者当てはまらない可能性がありますので、区別してお読みになられたほうが誤解が少ないと思われます。

外性子宮内膜症については、腹腔鏡検査で診断できますが、残念ながら、今回は子宮腺筋症(内性子宮内膜症)を疑っての話ですので、腹腔鏡検査では診断できない可能性もあります。

子宮腺筋症があるときには、同時に外性子宮内膜症があることが多いのですが、子宮腺筋症のみの場合には、内診での診断は困難です。なお、子宮腺筋症の場合には、外性子宮内膜症に比べてホルモン剤による治療効果が期待しにくいです。診断された場合には、挙児希望があれば妊娠分娩を優先したほうが賢明です。

まくさん

返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
大変参考になりました。
かかりつけ医は子宮内膜症にもなっていないしがん検診も
異常がないので心配ないといってくれましたが、やっぱり心配なため、なるべく受診を多めに考えたいと思いました。受診の際再度聞いてみようと思っています。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

特定の症状がみられたり、説明のつかない不妊がある場合には、子宮内膜症が疑われます。内診の際に患者が痛みや圧痛を訴えたり、医師が子宮の後ろや卵巣付近に腫瘤を触知して、診断のきっかけとなることもあります。ただし、診断を確定するには腹腔内を観察し、子宮内膜組織の断片を直接確認することが必要です。このためには通常、へその下を少し切開して腹腔鏡を挿入し、腹腔鏡検査を行います。臓器を観察しやすくするため、腹腔内に二酸化炭素ガスを注入して拡張させます。この検査は腹腔全体を検査できるように全身麻酔で行うのが普通であるものの、入院は3日から7日間程度です。腹部にいくらか不快感を感じることがありますが、1〜2日で通常の活動を再開できます。生検が必要な場合には、腹腔鏡を使って組織の一部を採取し、顕微鏡で観察します。子宮内膜症の程度を調べたり、経過を観察するために超音波検査、バリウムを使った注腸X線検査、CT検査、MRI検査などを行うこともありますが、これらの検査の診断確定における有用性は限られています。血液検査を行って、子宮内膜症があると増加する物質(マーカー)を測定する場合もあります。マーカーとしては、癌抗原125(CA125)や、子宮内膜組織に対する抗体が使用されます。これらのマーカーは子宮内膜症の経過観察には有用ですが、他の病気でも増加することがあるため、診断を確定する根拠にはなりません。子宮内膜症が不妊の原因となっているかどうかを調べるため、さらに検査をすることもあります。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

超音波検査で子宮の壁の厚みを測定します。もちろん、その厚みには個人差がありますので、測定値だけでどうとかはいえません。しかし、前後・左右で比較してどちらかが極端に厚ければ、何か病変があるのではないかと疑います。

その病変が、周囲との境界がはっきりすれば筋腫を、周囲との区別があいまいなら内性子宮内膜症(子宮腺筋症)を疑います。

子宮内膜症は子宮の筋肉の中にできるのが、内性子宮内膜症(子宮腺筋症)といいます。また、子宮のそと(卵巣や骨盤内)にできるものを、単に子宮内膜症あるいは外性子宮内膜症といいます。

「子宮が厚いので子宮内膜症だと」言われたのは、内性子宮内膜症(子宮腺筋症)を疑ってのことでしょうが、その根拠が壁の厚みの違いなら可能性があるでしょうが、左右・前後差でなく一様に厚いのなら、なんともいえません。

外性子宮内膜症が進行していれば、内診のみでの診断も容易ですが、そうでなければ内診だけでは、診断しにくいこともあります。内膜症の進行の状態によっては血液検査での腫瘍マーカー(CA−125)やMRI検査が補助診断に役立つときもあります。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

おなかの中を見る検査では、外性子宮内膜症の診断には有効です。しかし、手術になりますので不妊症などの治療方針を決定するときや治療を併用(腹腔鏡下手術)するときでないと、なかなか気軽にはできません。施設により2〜3日、ところによっては一週間程度の入院を必要とします。

子宮の中を軟性鏡(子宮ファイバースコープ)で見る検査は、外来でできるところがほとんどです。子宮の内部を観察することにより、内性子宮内膜症(子宮腺筋症)の腺の開口部を観察することができることがあります。

二つの内視鏡検査はいずれも、すべてのかたにおこなわれるとは限らない検査です。適応(検査の必要性と意義)があるかどうかによります。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。