高齢患者の 手術について

私の母ですが 今年 70歳 先日 肺がん(腺癌) b
甲状腺腫大(タバコ 肺気腫)肺結核 肝障害)
DEA;121 腫瘍3.5cm 胸壁浸潤 ということを
告げられました.
周りの人は もう高齢だから 手術せずに だましだましで行けば10年ぐらいもつんでは・・とかいいます。

手術して悪いところを切除し転移を防ぐことと
痛い思いをせずに このままのペースで 寿命を全うすることと どれぐらいの差があるのでしょうか?
今は 自覚症状もほとんどなくもともと 気管支や喘息で悪いのですが ガリガリだった体が 最近はよく太り ご飯もおいしいといいます。
手術の方向に向かうとは思いますが 述語の 転移と言うのは 高齢の場合 ドレぐらいの割合で起こるものなんでしょうか お忙しいとは思いますが よろしくご指導くださいませ.

person_outlineニックネーム32さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師