Q

膀胱癌について

父が1週間前に血尿があり、病院で膀胱鏡の診察を受けた結果、膀胱腫瘍と診断されました。先日病院で入院の日を決めてきたのですが、まだどの様な手術をするかわからないので、入院した日に詳しく説明するとの事でした。軽い手術で済むのか、膀胱を切除する手術なのか、全然分からなくて不安です。どのような手術をするかというのは一般的に入院した日に教えてくれるのが普通なのでしょうか?

質問者:くみ さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

膀胱粘膜壁にそって悪性度の高いがん細胞が存在している状態上皮内がん,がんの病巣が、膀胱の粘膜にとどまっているものが(約70%の膀胱がんはこのタイプ)表在性膀胱がん、粘膜を貫いて膀胱の筋層にまで達したがんが浸潤性膀胱がん、膀胱以外に、リンパ節あるいは肺、骨などの他臓器への転移を認めるがんが転移性膀胱がん(手術適応ではありません)です。

上皮内がんの治療:上皮内がんは膀胱粘膜内のがんですが、隆起性病変を作らないため表在性膀胱がんと違って内視鏡的に完全に切除するのは不可能で、BCGを膀胱内に注入する治療が第一選択です。

表在性膀胱がんの治療:標準的治療は経尿道的膀胱腫瘍切除術です。表在性膀胱がんは通常、開腹手術は必要ありません。内視鏡を使った手術で治すことが出来ます。腰椎麻酔下に手術を行い、当日はベッド上安静になりますが、翌日より食事を開始し、歩行も可能です。おおむね1週間の入院となります。しかし、表在性膀胱がんでは治療を受けたあとに50〜80%が膀胱内に再発しますので、内視鏡的治療の後に膀胱内に抗がん剤やBCGなどを入れ、再発予防を行う場合があります。表在性膀胱がんが原因で死亡することはほとんどありませんが、再発の可能性はありますので再発腫瘍を早期に発見するためにも、手術後は3ヶ月毎の内視鏡検査を行う必要があります。

浸潤性膀胱がんの標準的治療法は膀胱全摘除術です。

はっきりと分かりませんが、表在性膀胱がんの状態で経尿道的膀胱腫瘍切除術(内視鏡手術)を行うことになるのではないでしょうか。

どのような手術をするかを決定するのは、外来で決まる場合(手術法の選択の余地のない場合)と手術前の合同のカンファレンスで決められる場合(選択の余地がある場合)など一概にはいえないと思います。

くみさん

早速のご回答ありがとうございます。もうひとつ、知りたいことがあるのですが、全摘と診断された場合にそれを全摘拒否して放射線治療等で治療を進めることは出来るのでしょうか?

C.U.泌尿器科 先生
泌尿器科

C.U.泌尿器科 先生

先ず、一般的には経尿道的な手術をします。
術前に周囲への浸潤が明らかで、直腸等へ浸潤しているような
場合を除いては、先ずは経尿道的手術で組織を確認します。
先の先生が述べられていますように、そこで上皮内癌で周囲に
浸潤している場合や、浸潤性膀胱癌で他臓器に浸潤しそうな
場合は膀胱全摘を早々に計画する場合がありますが、方法は
様々です。
一般的に膀胱癌への放射線療法は効果はそれ程高くはありません。
一義的に手術を拒否して放射線療法を選択する事はあまり利益は
ありません。寧ろ化学療法を選択される事が多いと思います。
膀胱全摘は、恐らく摘出そのものより尿路変向に抵抗を感じられる
のだと思いますが如何でしょうか?
膀胱は尿を溜めておく場所ですので、そこがなくなった場合、
通常おなかに直接尿が出て来て袋に溜めるのが一般的ですが、
これも尿管皮膚瘻と回腸導管の2種類に分れます。また、腸管を
使って尿を溜める袋をお腹の中に造って、そこから尿を出す方法も
あり、その中に定期的にカテーテルで出す方法と、尿道から出す
(排尿式)のものもあります。
お父様の年令や全身状態にもよりますが、一義的に放射線療法を
選択されるより、遥かに多くの選択肢が手術にもあります。
また手術前に化学療法を組み合わせる事により、より高い奏功率を
得られる場合もあります。
放射線療法はこれらの治療法方が全身状態・年令・進行度等から
選択出来ない場合に姑息的に選ばれる事が多いと思います。
先ずは内視鏡的手術を受けて組織を確認された後に、追加治療が
必要と判断されたら、最初から一つの方法に執着せずに主治医の
説明を聞いてみて下さい。

くみさん

ありがとうございました。いろいろ分かりました。感謝いたします。

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。