Q

鬱へのきっかけ・・・

私の兄が鬱病になりました。
兄は精神疾患になりそうなタイプではないので驚いています。本人も特に原因は思いあたらないと言うことですが、鬱になってしまうきっかけのようなものはあるんでしょうか?

質問者:Noriko さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

うつ病は強い悲しみを感じている状態で、大切な人を失った直後など悲しい出来 事の後に生じますが、悲しみの程度がその出来事とは不釣り合いに強く、長期にわたり持続する場合をいいます。

うつ病は、不安に次いでよくみられる精神障害です。何か体の病気があると思って医師を受診した人の約10%が、実はうつ病と診断されています。うつ病になる人は主に20〜 40代ですが、どの年齢でも発症します。うつ病は小児期や青年期に発症することもよくあります(精神の病気: うつ病を参照)。20世紀後半に生まれた世代の人は、それより前の世代に比べてうつ病の罹患率や自殺率が高く、薬物などの乱用がその一因となっています。いったん起きた抑 うつは、治療しないで放置すると通常6カ月ほど続き、ときには2年以上続くケースもあります。抑うつ状態は一般に、生涯に何回か再発する傾向があります。

うつ病の原因としては、家系(遺伝性)、薬の副作用、つらい出来事(特に喪失にかかわること)など、さまざまな要因が考えられます。しかし、一般に思われているのとは異な り、うつ病は必ずしも人格障害や、小児期のトラウマ体験、親の育て方、性格的な弱さなどを反映しているわけではありません。うつ病は特に大きなストレスがなくても発症した り、悪化したりすることがあります。

一生の間にうつ病になるかどうかに、社会的階層、人種、文化は関係していないようですが、性別は関係していると考えられています。女性がうつ病になる割合は男性の2倍です が、その理由は完全にはわかっていません。身体的な要因のうち、最も大きく関係しているのがホルモンです。月経前や出産後にはホルモン量が変化して感情の起伏が激しくなる など、女性特有のホルモンの働きがかかわっている可能性があります。同様に、経口避妊薬やホルモン(エストロゲン)補充療法が気分の変動を生じさせることもあります。甲状 腺機能の異常は女性によくみられますが、これもうつ病の一因と考えられます。

一過性のうつ病とは、特定の休日、愛する人の命日など大切な意味のある記念日、月経前(月経前不快気分障害)、出産後2週間(産後うつ病)などにみられる一時的な抑うつ状 態をいいます。これらの反応自体は正常ですが、うつ病の素因が強い人では、こうした時期に重症化する場合があります。特別にこれといった原因がなく抑うつが生じる場合をメ ランコリー型といいます(以前は内因性うつ病と呼ばれていた状態)。ただし、うつ病による影響や治療法はいずれのタイプでもほぼ同様なので、こうした区別はさほど重要では ありません。

うつ病は、さまざまな体の不調を伴います。また、体の病気や障害がもとでうつ病になることもあります。身体疾患がうつ病の直接的な原因となる場合(甲状腺の病気がホルモン 量に影響してうつ病を誘発するなど)と、間接的な原因となる場合(関節リウマチの痛みや障害がもとでうつ病になるなど)があります。体の障害からうつ病になる場合は、しば しば直接的原因と間接的原因の両方があります。たとえばエイズの場合、原因となるヒト免疫不全ウイルス(HIV)が脳に損傷を生じて直接的にうつ病を引き起こすこともあり ますが、エイズがその人の人生全般にマイナスの影響を及ぼすために間接的にうつ病が生じることもあります。

処方薬が原因でうつ病になる場合もあります。クッシング症候群のように体内でコルチコステロイド(副腎皮質ホルモン)が大量に分泌される病気では、理由は不明ですが、この ステロイドが原因でしばしばうつ病が引き起こされます。これに対し、処方されたコルチコステロイド薬の使用は軽い躁状態や、まれに躁病を引き起こすことがあります。

一部の不安障害、アルコール依存症、薬物などの乱用による障害、統合失調症などさまざまな精神障害もうつ病の素因となります。

Norikoさん

お礼が遅くなり大変失礼しました。
精神的なものだけでなくうつにかかる場合もあうんですね。
兄も原因がわかればいいんですが・・・・・・。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

一般的にうつ病を引き起こす原因は、「喪失体験」や「環境・状況の変化」がきっかけで発症することが多いようです
「環境・状況の変化」などでは、一見世間から見て幸せで喜ばしいと思われることが原因になることもあります。

考えられる出来事としては、社会的問題では核家族化、経済不況、ジェネレーションギャップ、仕事的問題では、昇進、栄転、退職、転勤、就職、左遷、仕事のミス、リストラ、単身赴任などで、健康的問題では妊娠、出産、流産、身体疾患事故などで、家族的問題では夫婦問題、子供の自立、子供の結婚、受験、家の新築、引越しなどで、経済的問題では事業の失敗、投資の失敗などで喪失的問題では配偶者の死亡、近親者の死亡、病気などで、結婚的問題では結婚、離婚、別居、愛情関係のもつれなどがあります。

Norikoさん

様々な要因があるようで、兄もその原因となるものがわればいいなぁと思っております。
兄は結婚して8年目になりますが、家庭内はうまくいってるとのことでしたし、仕事上やその他でも特になにもないらしんです。
本当にナゾです。
わかりやすい回答をありがとうございました。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

うつ病はストレスが原因となる場合もありますが、素質的に発症することもあります。原因が不明な場合がほとんどでしょう。うつも病気ですから、早期診断、早期治療が必要です。心療内科を受診しましょう。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。