Q

アルツハイマー

母がアルツハイマー型痴呆の亜型と診断されアリセプトを服用しています。物忘れと言語障害が主な症状です。
まだ近所なら一人で歩けます。ただ症状は日に日に悪くなっています。アリセプト以外に治療はないのでしょうか?
また専門医がいる病院があれば教えてください。
現在は某大学病院でたまに簡単なテストをする程度です。
特にMRIを定期的に行ったりはしていません。

質問者:hm2005 さん

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

ほとんどの痴呆は、どのような治療を行っても精神機能の回復はまず望めません。しかし痴呆を悪化させている病気を治すことで、機能低下の進行を遅らせることができます。痴呆とうつ病の両方がある場合には、セルトラリンやパロキセチンなどの抗うつ薬とカウンセリングが、少なくとも一時的には効果があります。禁酒により長期的な改善が期待できます。

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などの一部の薬が、アルツハイマー病の進行を妨げて遅らせる効果があるかは、現在研究中です。エストロゲンとビタミンEは病状の進行を遅らせるのに役立つようですが、研究結果にはばらつきがあります。

ドネペジル、リバスチグミン、タクリン、ガランタミンは、神経伝達物質のアセチルコリンの濃度を上昇させますが、多くのタイプの痴呆でアセチルコリンの濃度は低下しています。これらの薬は認識機能を一時的に改善しますが、病気の進行を遅らせる効果まではありません。アルツハイマー病の人の約半数は、これらの薬による利益があり、6〜9カ月前まで時間を戻したような効果があります。薬が最も効くのは、病状が軽度から中等度の場合です。高価な薬で副作用もあるため、効果が期待できない場合には使用を続けない方がよいでしょう。最も多い副作用は吐き気、嘔吐、体重減少、腹痛、けいれんです。ドネペジルとガランタミンの副作用は通常軽度で、頻度も比較的少ないです。

イチョウ葉(通称EGb)のエキスは、すでに挙げた薬とほぼ同じ効果があるといわれていますが、これについてはさらに臨床試験が必要です。

hm2005さん

たいへん丁寧な回答をありがとうございました。
とても参考になりました。

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

日本神経学会治療ガイドラインをご紹介します。

http://www.neurology-jp.org/guideline/dementia/3_06.html

「一内科医」先生の説明の中にもありましたが、卵胞ホルモン(エストロゲン)の効果など、この中にないものも示されています。

アリセプトは進行を遅らせる効果があるとされていますが、症状を回復したり、進行を止めるというところまではないとのことで、個々のヒトでのその効果についての評価は苦慮します。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。