Q

子供の遠視について

来月5歳になる息子のことですが、視力検査で遠視の傾向があるといわれました。
近いうちに目薬で瞳孔を開いて再検査して、その結果で治療方針を考えるとのことですが、遠視について教えてください。

質問者:ラムちゃん さん

広島の開業医 先生
眼科

広島の開業医 先生

近視であれば、遠くは見えなくても近くに必ず焦点が合う場所があります。
それに対して遠視は、遠くにも焦点が合いませんし、近くにも焦点が合いません。
遠視が軽度の場合で、なおかつ子供のように調節力が大きい時期であればそれでもなんとか見えるかもしれません。ただし眼精疲労の原因にはなります。
程度の差はあれ生まれた直後は大体遠視気味で、成長とともに眼球が大きくなり正視になります。

問題は視力が悪い場合です。
子供の視力は生まれつき良いわけではなく、赤ちゃんの時期から物を見続けることで成長します。したがって、遠視のように遠くも近くも焦点が合ってない状態が24時間続くなら、ピントのあった像を網膜がとらえることが無く視機能の発達ができないことになります。つまり弱視です。この場合はメガネをかけても視力はでません。

この場合は、網膜にピントをあった状態を作り上げて視力の発達をうながす訓練を継続的に行う必要があります。つまり、見える見えないに関わらず、遠視のメガネを常用する必要があります。この訓練は眼の成長がとまる年齢に行っても意味が無く、若いほど効果がでます。(3歳児検診で視力の検査を行うのはこの弱視を早期に発見する必要があるからです。)

ダラダラと説明しましたがお分かりでしょうか。
要は視力が現在どのくらいあるのかが、非常に問題となります。訓練する必要があるか否かという意味で。

ラムちゃんさん

早速のご回答ありがとうございます。
視力検査では、左右とも1.5でした。視力がいいと思っていたら、遠視の傾向があるといわれました。
親戚に小学校の就学前検診で弱視がわかり、現在めがねをかけている子がいるのですが、遠視がひどくなると弱視になるのでしょうか?

広島の開業医 先生

遠視がひどくなると「弱視になる」という表現よりも、
遠視が強いと「弱視からぬけだしにくい」という表現が適切かもしれません。
ここで話題とした弱視とは視機能の発達が弱い状態のことをいいますので、後天的に視力が落ちることではありません。一度体得した視機能は別な病気が生じないかぎり維持できます。

左右とも1.5見えている状態なら、弱視に相当しませんので、もちろん訓練の必要もないでしょう。

内斜視もなく、視力も良好なら、そこまで心配することはなさそうです。

眼精疲労の原因(遠視の人は特に手元が見にくい)をメガネで調整する必要があるかどうかだけが次回の検査の目的でしょう。

ラムちゃんさん

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
少し安心しました。
ところで、次回受ける『目薬で瞳孔が開いた状態で検査する』検査ですが、『1日2日は瞳孔が戻らずまぶしいので週末にしましょう』とのことですが、どのくらい生活に支障があるのでしょうか。(例えばサングラスをかけた方がいいとか、本は読まないほうがいいとか)。

広島の開業医 先生

日常生活で特に制限する必要はないと思います。
ただ、眩しく、見えにくくなるのは事実です。歩けないほどではないのですが、文字を読んだり、遠くの人の表情が分からないといったレベルでしょうか。特に近くのものを見ることが難しくなるので、読書や勉強などをいつもと同じ感覚で強要しないようにしてください。しないほうがいいという意味じゃありません。あと、まだ、お子さんも小さいですから、見えにくい、眩しいという状態に戸惑うと思います。親の立場からも、「必ず時間がたてば回復する」と一言でいいですから語りかけてもらえればいいと思います。

広島の開業医 先生

強力に麻痺させる必要があれば、アトロピンという7日から14日作用持続する薬を用いることがあります。(かなり昔の裕福な人は瞳がキラキラするので美人になりたい目的で使用していたらしい)担当医の先生のお話では、1日から2日とのことですので、別な薬を用いると思います。

サイプレジンという点眼薬なら、数回点眼後30〜60分で効果発現、点眼90〜120分で安定します。症状が一番強いのはこの時間帯です。ほぼ24時間後には正常に戻りますがときに48時間持続することもあります。

ミドリンという点眼薬なら、数回点眼後10〜30分で効果発現、点眼60分で安定します。症状が一番強いのはこの時間帯です。薬1時間持続してから縮瞳と調節回復がはじまり、瞳の回復は5〜8時間、調節の正常化は4から5時間で終了します。

検査終了時に、逆の作用を持つ点眼を用いると、回復が早い場合もあるので、聞いてみてはいかがでしょうか。

午前中に検査を行えば、翌日まで症状の持ち越すことは可能性として低いと思います。ただ、当日の昼から夕方にかけてがつらいかもしれません。
夕方に検査を行えば、当日の夕食など一家団欒と時間帯がつらいかもしれませんが、早めに就寝できれば症状の比較的強い時間帯をやりすごしやすいでしょう。

ラムちゃんさん

とても詳しくご説明いただきまして、ありがとうございました。また、検査の結果によってお尋ねすることもあるかと思いますが、そのときはよろしくお願いします。

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

遠視の一般的なことを。まず、遠視は遠くにピントが合っている目ではありません。目の屈折力が眼球の長さに対して弱すぎるため、そのままでは網膜の上にピントが結べない状態のことです。

若いうちは目に力が十分ありますから、遠くが得意な「視力が良い」目ですが、目の屈折力が衰えるに連れ、まず近くが、そして室内距離が、見えにくくなってしまいます。
遠視が強ければ、遠くも近くもはっきり見えなくなり、見えていても、目が余分な努力を続けるので疲れます。視力が良いのに目が疲れやすい、仕事をすると肩が凝ったり頭が痛い、という「眼精疲労」になりやすい目なのです。

子供は目が発育途中なので、眼球の長さが十分伸びていません。したがって、子供の遠視は異常ではありませんが、弱視や斜視の原因になるので注意が必要です。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

こどもの病気・症状特集

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。