Q

『血液ガス分析』の検査値の解釈について、教えて下さい。(静脈血 ・ 耳朶血)

『血液ガス分析検査』というと、一般的には『動脈の血液ガス』のことを指すのだと思いますが、
『静脈血の血液ガス分析』の検査値の解釈について、教えて下さい。(特に、末梢静脈血液ガスについて)
あと、『経皮(耳朶血)の血液ガス分析』の検査値の解釈についても教えて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

質問者:MINAMI@喘息患者 さん

和歌山の医師 一般内科 先生
腫瘍科

和歌山の医師 一般内科 先生

血液学分析は動脈採血のデータの意義が大きいのはいうまでもありあせんが、動脈血と静脈血との間の差がないのは酸塩基平衡です。

酸塩基平衡とpHについてですが、pHは血液の酸塩基平衡の指標、正確には水素イオン( [H+] )の量を示します。そして呼吸によって調節されるPaCO2(呼吸性因子)と腎臓で調節される[HCO3—](代謝性因子)によって規定されます。生体はpHを正常に維持するためにどちらの異常に対しても他方が代償します。BEは代謝性異常によって付加された強塩基又は強酸の量のことであり、酸塩基平衡異常の代謝性変化を表す指標の1つとして用いられます。ポイントは酸塩基平衡は正常か異常か、異常であれば原因が呼吸性か代償性かその両方(混合性)か、また急性か慢性(代償状態)か判断しなくてはいけないことになります。従って、BEの経過が見たい場合などには簡便に行える静脈採血で代用できます。

MINAMI@喘息患者さん

和歌山の医師さま、早々の御回答ありがとうございました。
簡潔丁寧な説明で、とても理解し易かったです。

私は、慢性呼吸不全の状態が続いてHOT導入しましたが、現在は準呼吸不全状態(PaO2:60torr前後〜60torr台)にあります。
末梢静脈血液ガスの酸素分圧(PvO2)は70〜80torr後半あります。(基準値は、20〜30torr と説明を受けています。)
でも、これは間違って動脈採血をした訳ではありません。
点滴の穿刺時に他の採血(末血・生化etc.)と同時に採血していますが、シリンジは手動で引かなければならない状態ですから。

動脈血の酸素分圧も高いのであれば、主治医の「組織で酸素を上手く使えない状態」という説明もなんとなく納得もいくのですが、動脈血と末梢静脈血で酸素分圧が逆転してしまっているのが、どうしてそうなるのか? 理解できません。

血液ガス分析の参考書を探してみたものの、ほとんどは動脈血液ガスに関するものばかりでした。 唯一、海外の翻訳本に“混合静脈血液ガス”の解説がありましたが、“末梢静脈血液ガス”に関する参考書は(現時点では)探すことが出来ずにおります。

もし、末梢静脈血液ガスについて解釈の仕方を御存知でしたら、また御教示下さいますようお願い致します。

血管心臓医 先生

人間は肺以外では血液に酸素を供給できないので、動脈血酸素分圧より静脈血酸素分圧が高くなることはあり得ません。健康な人の平均的な末梢血酸素分圧は 40Torr 程度ですが、動脈血酸素分圧が低ければ、それに応じて静脈血酸素分圧は低くなります。酸素吸入をされておらず PaO2 ( SpO2 ではありません)が60 Torr で PvO2 が70ということはあり得ません。考えられる可能性については後述します。

末梢静脈の血液ガスは、体の場所の酸素消費によって変化し採血場所が違うだけでデータが変わります。つまり末梢静脈(通常、四肢か頸静脈)で血液ガスを採取しても検査結果は全身状態の評価のために役に立たないから、教科書を調べても解説がないのです。

静脈血酸素分圧を調べるのは、低酸素血症が悪化するか、全身状態が悪くなるか、心不全など循環不全がある場合です。これも、「全身状態」の把握のために、採血場所による違いを無視するため静脈血が混ざった状態、つまり肺動脈でモニターします。動脈血ガスより有用な場合もあり集中治療室で心臓手術や移植後のモニターに利用したりします。いずれにしても末梢静脈血液ガスを参考にすることは、同じ人の経過を見るために簡略な方法として利用する場合以外には、ありません。

ご質問の静脈血ガスが高くでる場合として考えられるのは、採血の手順が正確でない場合(空気が混ざる、保存が悪い、ガス分析装置の異常など)です。また SvO2 は採血条件(過換気や体温など)でかなり大きく変わるので、動脈からの採血と静脈からの採血を同時にした、ということでないと動脈より静脈の方が酸素分圧が高い、とはいえません。血液ガス測定の装置のキャリブレーションがずれる場合もありますので、「動脈と静脈を同時に測定」、ということが重要になります。
動脈と静脈から同時に採血して、手技が正しくて、なお静脈血の方が高ければ、、、、すみません、わかりません。科学的に非常に興味のある現象なので、その道の大家にコンサルトしてみますから、また教えてください。

もし酸素吸入下で SaO2 が 80以上ある時に静脈採血をして SvO2 が70 ある(つまり静脈血酸素分圧の方が低い)時にたまに経験するのは、動静脈シャントといって動脈血が直接静脈血に直接混ざり込む異常です。これのある部位で採血すると静脈血酸素分圧が SaO2 なみに上昇します。この場合、他の部位で採血して血液ガスを測るとやはり静脈血酸素分圧はそれなりに低く出るはずです。

経皮的ガス分析については、装置や SvO2, SvCO2 の測定方法、患者の年齢などを含め、その判定には非常に多くの要素があるので、このサイトでお返事するには無理があります。ポイントを絞っていただけると良いのですが。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。