Q

骨髄異型性症候群について

父が骨髄異型性症候群の診断を受けました。倦怠感の訴えはあるものの、月2回の輸血をしながら仕事しています。
今のところ大丈夫みたいですが、今後はやはり白血病に移行する確立が高いのでしょうか?アドバイスください。

質問者:ゆき さん

tora 先生
一般内科

tora 先生

骨髄異型性症候群は非常にいろんなタイプの病型があります.そして,かならずしも貧血の程度が強いから白血病になりやすいとも言えない部分があります.
予後を予想する一つは,骨髄内の幼若細胞の比率での分類であり,今後白血病に移行していきやすいのかどうかの,もっとも古典的で信頼のおけるものです.最近は,染色体や遺伝子の異常をチェックできるようになってきており,これも予後と大きな相関を持っていますので,診断時には必ずチェックをしているはずです.そのあたりの情報を主治医に伺われるとよいのではないでしょうか.
一般的に年齢が比較的高齢の方に多い事もあり,確立された治療もないところがあって,定期的な輸血とともに,ホルモン剤やビタミン剤で経過をみる場合も多いです.場合によっては,抗がん剤や骨髄移植も考慮しますが,先程も申しましたように,病型,患者さんの状況,等々,非常に複雑な要素を加味しながら治療を選択していきますので,詳細な事は申し上げにくいところです.

ゆきさん

アドバイスありがとうございます。
データーを見ながら、主治医と相談しがんばっていきたいと思います。また何かありましたらよろしくお願いいたします。ゆき

なすびさん

私の妻も骨髄異形成症候群(MDS)の診断を受けただいま闘病中(移植しました)ですが初期の頃は通院しながら月2回程度輸血していました。MDSでも段階があるそうで私の妻はRAEBの判定をうけました。MDSは血中の白血球が多くても未成熟のものやあまり機能していないものが多いとウイルスやカビなどの細菌感染に注意されると良いと思います。家ではなるべく生もの(魚・肉)はなるべく避けました(新鮮なものなら良いと指示は受けてましたが心配だったので)また旅行先の温泉などは湯気の中にカビ菌が舞っているので避けました。幼児のそばや風邪をひいている人・人ごみの中などは極力さけどうしても出る場合はマスクを着用していました。私も何度か相談させて頂いているので過去ログもご参考にしていていてだけるとさいわいです。先生方にまじりさしでがましと思いましたが同じ悩みを持つ方にどうしても力になりたくて申し訳ございません。

ゆきさん

細菌感染ですね。これからもっと気使ってあげたいと思います。先生方の意見とはまた別で、実際の体験談はとても心強いです。いろんなことを注意していきたいと思います。ありがとうございました。ゆき

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。